公明党 参議院議員 山本ひろし

公明党
No.1474

雪の残る久万高原町(行政・介護現場)を訪問(新過疎法・介護ビジョン)(香川県高松市・愛媛県上浮穴郡久万高原町)


高松駅前


朝の街頭演説


朝、高松駅前での街頭演説からスタート。香川県から愛媛県久万高原町に移動。


広大な久万高原町


残雪の風景


久万高原町は愛媛県のほぼ中央部にあり、総面積は584k㎡と愛媛県で最大。標高1000mを超える四国山地に囲まれた地域で、石鎚山や面河渓、四国カルストなど、春は新緑、夏は澄んだ水、秋は紅葉、冬は雪景色と四季折々の豊かな自然が美しい高原の町。先日降った雪が残り、寒さは厳しいが、空気はすがすがしい。


特別養護老人ホーム「久万の里」


宇和施設長から要望を伺う


人口9842人(2009年11月)で高齢化率42%を占める。公明党の介護総点検運動で、木村県議と共に、社会福祉法人「喜久寿」高齢者総合福祉施設「久万の里」を視察。宇和美代子施設長から介護現場の生の声を伺う。(下記主要課題と要望)

1.介護従事者の待遇改善(報酬とスキルアップ)
2.在宅介護で苦労されている介護者支援の制度充実(100人が待機まち)
3.情報公開制度の改善(費用負担の軽減・皆が見れる内容の充実)
4.配置基準の見直し(3対1)過酷な労働環境改善等など。


高野町長(木村県議と)


その後、高野久万高原町長と懇談。町の過疎地域支援について意見交換を進める。

特に来年3月で切れる過疎法につい継続と拡充を要望される。公明党の推進する過疎新法の取組みと内容を紹介。
・恒久法化(今までのような10年の時限立法でなく)
・地域の実情に合わせた指定(特に人口密度を新たな指標に加え細やかな対応)
・医療、教育、交通、情報通信などソフト事業等活用可能な自由な過疎対策基金の創設等など。

公明党の取組みを評価され、さらに観光支援など地域活性化策も要望される。今後、継続した対応を約束。


日の西元町会議員と


また元気一杯の日の西元町会議員や久万高原の支持者宅も訪問。公明党を草創期から支えて応援いただく皆様にお会いし、本当に頭が下がる思いであった。



コメント