公明党 参議院議員 山本ひろし

公明党
No.9119

全国環境整備事業協同組合連合会(全国環整連、玉川福和会長)の令和2年新年懇親会が23日夜、都内(如水会館)にて開催されました。
公明党から石田政調会長と共に参加し、挨拶。

昨年成立した浄化槽法改正の取組みと4月施行に向けて浄化槽台帳整備など団体の声が反映できるよう取り組む事など話させていただきました。

全国の汚水処理人口普及率は90.9%。(平成29年末)。離島や中山間地域等約1200万人の方々が台所や生活排水の処理を必要としています。
浄化槽は有効・効率的な恒久的生活排水処理施設であり、地震や災害に強く、美しい国土を守り環境保全を図るうえからも社会的な期待も高いです。

特にし尿と生活排水を同時に処理をする合併浄化槽については、中山間地域での整備を促進して「地方創生の切り札」になります。
1200万人の汚水処理未普及率の解消と共に単独浄化槽がまだ400万基残っている中、合併浄化槽の転換推進へ、昨年6月浄化槽法が改正されました。

懇親会では、玉川会長・黒瀬栄治副会長・西村博文常任理事らと懇談。広島・徳島・愛媛・山形など多くの方々とも交流を深める事ができました。ありがとうございました。

No.9118

「心のバリアフリー充実を!」関係10団体との懇談(公明党バリアフリー施策推進プロジェクトチーム)(東京都)

私が座長を務める公明党バリアフリー施策推進プロジェクトチーム(PT)が22日参議院議員会館にて開催。

バリアフリー法及び関連施策のあり方に関する検討会について、国土交通省から説明を受け、障がい者団体10団体から要望をヒアリングしました。

公明党から山口代表以下衆参国会議員また赤羽国交大臣が出席しました。

山口代表はバリアフリー施策の充実に向けて「皆さんの声が生かされる政策づくりにこれからも全力を挙げていく」と強調。法律などで国で決めた方針が条例などで生かされるよう、党のネットワーク力を発揮して取り組んでいきたいと述べました。

各団体からは「障がいへの理解を深めるため学校や職場での「心のバリアフリー」に向けた教育プログラムを充実してほしい」との要望が出ました。

また今夏の東京五輪・パラリンピック観戦などで、国内外から多くの車いす利用者の訪問が見込まれることから、空港と市街地を結ぶバス車内のバリアフリー化を含め、移動の円滑化に向けた支援を求めた。

団体の要望を受けた赤羽大臣は「公明党と連携し、共生社会の実現を東京五輪・パラリンピックのレガシー(遺産)にしていく」と話されました。

No.9117

岡山県玉野市の黒田晋市長が来訪(東京都)

岡山県玉野市の黒田晋市長が国会事務所に来訪。(23日)

毎年この時期に「特別交付税に係る要望について」要望書を持参され、玉野市の現状と要望について伺いました。公共施設再編や広域行政実施等にかかる特別交付税について、玉野市の取組みや課題もお聞きしました。

特に玉野市民病院と三井病院との経営統合や可燃ごみ広域処理施設など財政負担がかかります。特別交付税の財源の手当の確保など拡充の内容です。要望実現に取り組んでまいります。

黒田市長と
要望を伺う
No.9116

「日中友好の交流促進へ全力!」中国北京市の中学・高校生メンバーとの交流(東京都)

中国北京市の中学・高校生メンバーが訪日修学旅行で国会に来訪。公明党の国会議員との対話集会に出席。(22日)

公明党から参議院議員の(竹谷としこ、下野六太)議員と共に参加。日中友好に取り組む日中新世紀会 吉村理事長(慶応大学の先輩)の紹介です。

環境学習をテーマで、5泊6日の修学旅行。東京都下水道処理場・慶應大学視察など訪問。

本日は国会の参議院議員会館にて、生徒の皆さんから様々な質問を受け、お答えしました。

日本での素晴らしい思い出を作っていただければと思います。

No.9115

「みしま焼酎の販売に関する要望」 離島・三島村大山村長の来訪(東京都)

22日、離島である鹿児島県三島村大山辰夫村長が国会事務所へ来訪。

三島村の黒島で造った焼酎「みしま村」の状況と販売の要望を伺いました。

三島村は3島(竹島・硫黄島・黒島)からなる群島村で人口約392人です。高齢化率は35.8%。2012年公明党離島対策本部として三島村3島を視察して以来、ずっと様々な要望をお聞きしてきました。島外で造っている焼酎を島内で造りたいとの長年の声を公明党の竹谷議員を中心に財務省、内閣府などに働きかけ、焼酎特区として規制緩和により、公設公営で実現しました。

2019年5月より販売した「みしま村」は、村職員の杜氏、地域おこし協力隊員、従業員が中心となり焼酎造りを進め、3991本製品化。島内限定での卸と販売と直販を行っています。3年後には上限の10キロ㍑生産を目指しています。

都市部でのPR イベント等販売促進活動を行う際、購入依頼の声をいただいても、蔵からの本土の酒屋や飲食店に卸すことができないため、すぐに手に入らない等、消費者に不便を与えています。ついては、下記内容の規制緩和をお願いの要望です。

【要望】

  1. 特区外への卸並びに直売についての容認
  2. 焼酎蔵によるネット販売の容認

要望実現へ、財務省等に働きかけてまいります。

大山村長
三島村
No.9114

広島県竹原市・府中市の市長が国会に来訪「特別交付税の要望」

21日、広島県竹原市・府中市の各首長が国会事務所に来訪。

竹原市の今栄敏彦市長、市議会大川議長、堀越副議長は、令和元年度特別交付税の要望書を持参され、要望内容を伺いました。

  1. 福祉、医療サービス等社会保障関連費
  2. 地域経済を活性化するための経費
  3. 老朽化が進む公共施設への対応経費など。

また財政措置に関する要望書では、新たな過疎対策法において竹原市を過疎地域として指定をするよう、過疎地域の指定要件の見直しを要望されました。

府中市の小野申人市長からも令和元年度の特別交付税の要望書を伺いました

  1. 西日本豪雨災害復旧・復興にかかる経費
  2. 防災体制強化の経費
  3. し尿・ごみ処理対策の経費等など。

要望実現に応援してまいります。

No.9113

ふるさと愛媛県南予地域から各首長が来訪(東京都)

ふるさと愛媛県南予地域から各首長が要望活動で国会事務所に来訪(21日)。

八幡浜市大城市長(藤堂総務企画部長)、西予市菅家市長、松野町坂本町長ら。

八幡浜市は特別交付税の要望内容です。市立八幡浜総合病院運営費、排水対策の要する経費、地域防災力の経費などです。また5月に開催される第2回世界マーマレードアワード&フェスティバルの紹介もありました。

西予市では、西日本豪雨災害の復旧・復興、防災・減災対策、地域公共交通等など。やはり特別交付税の要望です。

松野町では地域活性化のための支援「特定地域づくり事業協同組合制度の活用」。昨年成立した法律を活用し、推進を検討しています。

ふるさとの地域の支援を今後とも続けてまいります。

No.9112

関東愛媛県人会令和2年新年賀詞交歓会」(東京都)

新春恒例の「関東愛媛県人会令和2年新年賀詞交歓会」が都内にある学士会館で20日夜、開催されました。

一色眞人会長の挨拶の後、来賓として挨拶。菅今治市長の音頭で乾杯の後、懇親。

伊予市出身の猫屋敷ひらりの歌。彼女は、八幡浜市公認「やわたはま応援隊」18号でもあります。「八幡浜ちゃんぽん物語」「愛媛みかんのうた」を熱唱。

関東近県の故郷愛媛県出身者の方々と懇親を深める事となりました。大変にありがとうございました。

No.9111

公明党山口県本部新春の集い(山口県山口市)

山口県岩国市の新年賀詞交歓会の会場から新幹線こだま号で移動し、山口市内で開催された公明党山口県本部新春の集いに駆けつけました。(18日)

来賓の山口県村岡知事らが大勢参加しており、桝屋敬悟中国方面本部長(衆院議員)と共に挨拶。参院選の御礼と決意を話させていただきました。

最後は万歳三唱。大勢の皆様に参加いただき、感謝申し上げます。議員・役員の皆様と記念の写真を撮らせていただきました。ありがとうございました。

No.9110

「防災・減災、経済力強化へ予算早期成立に全力!」第201回通常国会が開幕「次代の希望開く論戦」(東京都)

第201回通常国会が本日(20日)開幕。6月17日まで150日間の会期です。参議院議員総会、両院議員総会にて山口代表中心に論戦をスタート。

山口代表は「波乱含みの幕開けですが、政府与党は国民の厳しい声を謙虚に受け止め、結束して国会運営に当たることが重要です。まずは補正また来年度予算を早期に成立させ、災害の復旧・復興を進めると同時に、今後の防災減災の備えを固め、国民の期待に応えていきたいと思います。」と話されました。

参院選の公約実現へ、国民のために、全力で頑張ってまいります。

山口代表
参議院議員総会