公明党 参議院議員 山本ひろし

公明党
No.7638

社会福祉法人うぶすな会 平井理事長(香川県知的障害者福祉協会会長)と懇談(香川県丸亀市)

16日午後、香川県丸亀市綾歌町にある社会福祉法人うぶすな会「障害者支援施設 丸亀さんさん荘」を地元内田俊英市議と訪問。

平井勇一理事長・廣瀬事務局長と障がい福祉で懇談。平井理事長はNPO法人香川県知的障害者福祉協会会長も兼任されています。

うぶすな会は、知的障がいの入所施設(30名)、就労継続支援B型(60名)、グループホームなど運営。

高齢障がい者の支援、処遇改善、親亡き後の支援など意見交換。要望等伺いました。国・県・市の連携で施策を進めてまいります。

No.7637

離島振興ビジョン策定へ、インナー会議(「奄美群島振興開発特別措置法および小笠原諸島振興開発特別措置法」改正)(東京都)

離島振興対策本部の遠山清彦本部長(衆院議員)と国会内で「奄美群島振興開発特別措置法および小笠原諸島振興開発特別措置法」改正への離島振興ビジョン(提言)のインナー会議を行いました。

日本復帰後5年ごとに改正・延長がなされ、住民定住と産業振興の根拠となっ ている奄美群島振興開発特別措置法および小笠原諸島振興開発特別措置法は、 2018 度末でその期限を迎えます。

これらの島々はまさに国益に直結する多くの 役割を担っていることから、離島振興に対する国等の様々な支援や定住策の戦略的な促進、防災対策の徹底強化など、中長期的な視点に立った法整備や予算確保が 求められています。

本年現地視察や調査および会議等を実施し、島民の皆様の貴重な声を丹念に汲み上げてきました。それらの要望をもとに、ビジョン作成を進めています。

インナー会議1
インナー会議2
遠山本部長

No.7636

米子市議選『いのち輝く街へ!「人と人」「心と心」をつなげたい』「矢田貝かおり候補」の挑戦(鳥取県米子市)

17日米子市議選がスタート(24日投票)。2期目挑戦の矢田貝かおり候補の応援へ。米子市内で応援街頭演説。
大勢の皆様が真心からのエールをおくっていただき、大変にありがとうございました。

矢田貝かおり候補は、「いのち輝く街へ」をモットーに、ヘルプマークの配布と普及啓発、ヒートショックに関する情報発信、
5歳児健診の実現、発達相談の充実などに取り組んできました。災害時避難拠点への非常用電源、備蓄品の整備など防災・減災対策や妊娠から子育て期まで切れ目ない支援の充実を誓います。

矢田貝かおり候補の当選へ!全力で頑張ります。公明党は他に安田あつし・今城まさこ・前原しげるの合計4名が立候補。
全員当選に向けて、応援を宜しくお願いします。

No.7635

米子市議選「現場第一の行動派!・前原しげる候補」の挑戦(鳥取県米子市)

17日米子市議選がスタート(24日投票)。
2期目挑戦の前原しげる候補の応援へ。米子市内で応援街頭演説。大勢の方々から熱いエールを送っていただき、大変感謝いたします。ありがとうございました。

前原しげる候補は、現場第一の行動派。誠実な姿に周囲の信頼は厚い。
災害時の福祉避難所運営マニュアルの作成や飼い主のいない猫の不妊去勢手術助成事業の実現、米子市空き家情報バンクの設立など、多くの実績を積み上げた。
安定した雇用対策の推進、荒廃地対策による地域農業の活性化などに意欲を燃やします。

前原しげる候補の当選へ!全力で頑張ります。公明党は他に安田あつし・今城まさこ・矢田貝かおりの合計4名が立候補。
全員当選に向けて、応援を宜しくお願いします。

街頭演説
前原しげる候補
皆様に感謝
街頭演説2

No.7634

米子市議選「安心して暮らせる米子市を目指して!」安田あつし候補の挑戦(鳥取県米子市)

17日米子市議選がスタート(24日投票)。6期目挑戦の安田あつし候補の応援へ。市内にて街頭演説。

安田あつし候補は、鳥取大学病院救命救急センターの設置や市役所へのフロアマネージャー(総合受付案内)配置、高校卒業までの入院・通院費助成を実現。

福尾橋架け替え、ごみ置き場のステーション化など実績は多彩。ムダを排した自立的・効率的な行政システムの確立、地域の安全を確保する防災対策の充実をめざします。

安田あつし候補の当選へ!全力で頑張ります。公明党は他に今城まさこ・前原しげる・矢田貝かおりの合計4名が立候補。

全員当選に向けて、応援を宜しくお願いします。

No.7633

米子市議選「キラリと光る本格派!・今城まさこ候補」の挑戦(鳥取県米子市)

17日米子市議選がスタート(24日投票)。朝一番で、2期目挑戦の今城(いましろ)まさこ候補の応援へ。米子駅前イオン前での選挙第一声。大勢の皆様から真心の応援をいただきました。大変にありがとうございました。

今城まさこ候補は、明るく朗らかで行動力は抜群。女性の目線で1期4年間数多くの実績を挙げています。

公民館に避難所マークを、市役所内多目的トイレに簡易型オストメイト設備を設置。廃棄物収集時の盗難防止啓発をごみカレンダーに掲載するなど実績が光ります。

また防災士の養成と女性防災リーダーの育成や安心して産み育てられる子育て環境の整備に全力を注ぎます。

今城まさこ候補の当選へ!全力で頑張ります。

公明党は他に安田あつし・前原しげる・矢田貝かおりの合計4名が立候補。全員当選に向けて、応援を宜しくお願いします。

No.7632

「入浴衛生へのノロウイルス対策へ!」完オゾ導入の介護施設見学(香川県さぬき市)

16日午前、香川県さぬき市内の老人保健施設さわやか荘(社会福祉法人津田福祉会が運営)を視察。公明党から都築信行県議、江村信介・鏡原光代両さぬき市議が同行。

社会福祉法人 津田福祉会が運営する介護施設の浴槽3箇所に完全オゾン処理型循環ろ過システムが設置されており、本日はその見学と慨要について伺いました。

案内・説明はNPO法人完全オゾン処理型循環ろ過機安全推進協議会(完オゾ協議会)の寺尾禮二氏・津田福祉会 西田正巳事務局長ら。
ノロウイルスなどの感染を防ぐためにお湯を清潔に保つオゾン処理に着目し、完全オゾン処理型ろ過機を開発。特別養護老人ホームなどの浴槽に導入されています。

以前、高知県宿毛市の特別養護老人ホーム豊寿園を視察したさい「水道水や水道料金の大幅な節約やレジネオラ菌やノロウイルス菌による入浴感染の不安解消・浴槽内の清掃時間短縮・さらにCO2の削減量杉(50年生)202本分のCO2吸収量等多くのメリットがある」との話しを伺っていました。

【完オゾとは】

完全オゾン処理型循環ろ過システム(略称:完オゾ)は、浴槽水循環ろ過機の循環水を全量一括でオゾン殺菌、浄化を行う安全でエコなシステム。

【完オゾのメリット】

  1. 浴槽感染防止→浴槽水中のレジオネラ属菌や塩素薬剤では効果の薄いノロウイルスといったあらゆる菌、ウイルスを殺菌。 
  2. 浴槽水浄化→浴槽水長期換水(3ヶ月換水実績あり)が可能で水資源有効利用。
  3. 環境保全→オゾンには残留性が無く、排水による付近の生態系に影響がない。
  4. 災害時の水確保→飲料水レベルの水質を長期維持できるため、生活用水として利用や災害時劣悪になtりがちな衛生環境での入浴に貢献。

現在、地域医療介護総合確保基金対象となっており、今後、医療・社会福祉施設の入浴衛生におけるノロウイルス感染対策として啓蒙・普及化が求められています。

No.7631

ことでん高松築港駅前の街頭演説からスタート(香川県高松市)

16日朝、高松市内のことでん高松築港駅前の街頭演説から出発しました。

昨日閣議決定した、幼児教育の無償化など盛りこまれた「骨太の方針」や通常国会で成立したバリアフリー法改正・障害者文化芸術活動推進法など国政報告。通勤客や観光客など大勢の方々にお訴えしました。

本日はさぬき市の介護施設や丸亀市の障がい者施設など訪問の予定です。

No.7630

「農地中間管理機構関連農地整備事業の採択と予算確保」の要望(東京都)

13日、愛媛県土地改良事業団体連合会(篠原会長)・えひめ農林漁業振興機構(俊野理事長)・えひめ中央農業協同組合(福島会長)の方々が国会事務所を来訪。

「農地中間管理機構関連農地整備事業について」要望書を持参されました。

【要望内容】

  1. 農地中間管理機構関連農地整備事業の実施に必要な予算を確保すること。
  2. 愛媛県における農地中間管理機構関連農地整備事業の採択にご高配いただくこと。

農家の高齢化や農家人口の減少と相まって、産地維持のための軽労働化と担い手の確保が緊急の課題となっています。
このような中、「愛媛県土地改良事業団連合会」では、「えひめ農林漁業振興機構」と連携し、農地中間管理機構を介した農地の集積と担い手確保を目的に農地中間管理機構関連農地整備事業を積極的に推進しています。

特に「えひめ中央農業協同組合」では、平成27年に「JA新規就農研修センター」を設置し、研修生の就農後の農地確保のため、JA自らが担い手として参入。
館内100haの基盤整備を行うこととして、モデル地区として下難波地区樹園地約7.0haの整備を計画しています。

要望実現に向けて取組んでまいります。

要望
要望書
愛媛県の取組み
要望書の内容
No.7629

日本旅客船協会第68回定時総会・懇親会(東京都)

13日夕方開催された一般社団法人日本旅客船協会第68回定時総会・懇親会に参加しました。

一般社団法人 日本旅客船協会は国内で旅客船を運航する事業者(会社、個人、自治体、その他)のほとんど全てを会員とする全国規模の団体として昭和26年2月に設立。現在全国11のブロックに分かれ、会員数は、553事業者です。

福武会長(伊勢湾フェリー社長)挨拶・清水副会長(石崎汽船社長) の乾杯の後、懇談。
公明党から井上幹事長、太田元国交大臣ら大勢の衆参国会議員が出席。私も来賓として挨拶をさせていただきました。

四国の盛運汽船(山本社長)・宇和島運輸(松岡社長)・野崎汽船 (野崎会長)・四国フェリー(堀川社長)・九四オレンジフェリー(瀬野社長)・雌雄海運(加藤社長)、中国の備後商船(神原取締役)など多くの旅客船協会の役員・会員の方々と懇談する事もできました。大変にありがとうございました。