公明党 参議院議員 山本ひろし

公明党
No.6926

「核時代・被爆72年 HIROSHIMA平和創出行動」45回目の被爆者慰問②「矢野おりづる園」「(広島県広島市)

公明党広島県本部(斉藤鉄夫代表=衆院議員)の「HIROSHIMA平和創出委員会」(西田委員長=市議)は7月26日、今年で45回目となった被爆者への慰問、原爆慰霊碑への献花など「核時代・被爆72年 HIROSHIMA平和創出行動」を実施します。
午前公明党の広島県本部の田川寿一県会議員・原裕二広島市会議員と共に広島原爆養護ホーム「矢野おりづる園」を慰問し挨拶。入所者の皆様のご長寿を祈りました。
公明党広島県本部が被爆者慰問と原爆慰霊碑への献花を始めたのは1973年。今年で45回目となった被爆者への慰問です。
「矢野おりづる園」では柿木田勇理事長・村田施設長代行らと懇談。要望等伺いました。

「矢野おりづる園」は社会福祉法人「広島常光福祉会」が運営。100名の入園に73名(パート22名含む)の職員が対応。待機者数は1139名。福祉会として20以上の福祉事業を展開されており、職員数も500名を超えています。

被爆者への慰問や広島の皆様との交流を通じて、核兵器のない世界の構築に向けて、決意を新たにしました。ありがとうございました。

No.6925

障害者支援施設「眉山園」社会就労支援センター「かもな」訪問①(徳島県徳島市)

25日午後、徳島市内にある障害者支援施設「眉山園」・社会就労支援センター「かもな」を訪問。社会福祉法人徳島身体障害者連合会が運営しています。三橋園長らと懇談。
同法人は、障害者支援施設「眉山園」(生活介護事業/施設入所支援事業)・社会就労センター「かもな」(就労継続支援B型事業)の他、「眉山園デイセンター」(生活介護事業)や障害者生活支援センター「眉山園」(相談支援事業)等の福祉サービスも運営しています。
三橋園長の案内で施設内を見学。また障がい者就労などで意見交換を進めました。
社会就労センター「かもな」は表装・印刷・製パン事業の中心を担っており、月額工賃は5万3810円(平成27年)で、徳島県49施設の内トップ。全国でもトップ50(45位)に入ります。徳島県全国第2位(月2万0495円)のけん引力となっています。
官公需からの問合せや印刷部門等で発注も大きく増え、障害者優先調達推進法施行の好影響が出ている等のお話しもいただきました。
三橋園長は、徳島県の共同発注の窓口、NPO法人とくしま障害者授産支援協議会の事務局長もされています。県内41事業所が加盟。阿波ブランドの共通商品開発を進め、和三盆コロン・いもくりタルト・阿波番茶のクッキー・伝統黒米タルトなどの菓子商品や阿波染め商品など地元の食材・特産など活用して工賃向上に取組んでいます。
今後の就労継続支援B型事業の取組みについて、全国の好事例等もお聞きし、大変参考になりました。今後の施策に反映してまいります。

三橋園長
眉山園
意見交換
共同発注 阿波ブランド

No.6924

被爆72年、45回目の被爆者慰問①「神田やすらぎ園」(広島県広島市)

26日、午前公明党の広島県本部の田川寿一県会議員・原裕二広島市会議員と共に広島原爆養護ホーム「神田山やすらぎ園」を慰問におとずれました。
公明党広島県本部が被爆者慰問と原爆慰霊碑への献花を始めたのは1973年。今年で45回目となった被爆者への慰問です。
小川園長から園の概要について説明を受けました。「神田やすらぎ園」は2番目の原爆養護ホームとして昭和57年開設。
市内北東部神田山の丘陵地帯に位置し、眼下には太田川や、川沿いに広がる町並み、周辺には四季を通じて桜並木・深緑・紅葉と心やすまる景観にめぐまれた所にあり、入園定員100人の特別養護施設として開設されました。
内訳は男性20名・女性80名。平均年齢88歳。最高齢105歳。百歳以上が5人おられます。
認知症の方々が7割から8割近くおられ、1人で移動される方も21%と介護の負担が重い方々が多い中、介護の職員の皆様が懸命に頑張られていました。
園長からは医療的ケアや看取りが増えており、専門性が求められる事。また待機者が市内でたくさんおられ、入居は5年以待ちの状況を伺いました。
園の皆様との交流では、お元気な入所者の方々の笑顔が見られ、お元気でさらなる長生きをお祈りいたしました。

神田山やすらぎ園
挨拶
入所者の皆様と

No.6923

「障がい者が繋ぐ地域の暮らし“ほっとかない”事業」共生社会へ!池田博愛会の先駆的取組み(徳島県三好市)】

24日午後、徳島県三好市池田町にある社会福祉法人 池田博愛会を地元古井三好市議と訪問。埼玉県からNPO法人おやじりんくの金子理事長・山田詩織さんが同行。2014年、2016年にも訪問しています。

池田博愛会の指定障害福祉サービス事業所 セルプ箸蔵の五島章夫施設長、白井啓介職業指導員と障がい者福祉、特に「ほっとかない事業」について伺い、意見交換致しました。
障がい者が繋ぐ地域の暮らし“ほっとかない”事業とは、共生社会の中で障がい者が主役になれる新しい事業を展開し、生きがいと絆づくりを目指し、併せて工賃向上を目指します。全国でも先駆的な取組み事例です。

【“ほっとかない事業”の目的】
人口減少と高齢化の進展により地域の自治機能が低下している現状において、買い物支援が必要な高齢者が住いとする過疎地域が点々としており、障がい者が過疎地域の生活支援や見守り、話し相手として活躍できる場を生み、地域を支える主役となることと共に工賃アップにつながる宅配サービスを推進します。

【“ほっとかない”事業】
・三好市内の山間部の高齢者宅にお弁当やパン、生活用品、日用雑貨、食料品などを届ける宅配サービスやきらめき元気アップ教室など実施。
(平成25年度から三好市で実証実験。各家庭を訪問して販売、注文、安否確認。高齢者との交流を通じて食のニーズ・生活全般のニーズを把握)
・商品の仕入先は地元の商店、卸業者。週一度電話で注文を受け、2日後の届けます。
・県の支援は移動販売車両等の初期投資を補助。県民の周知・広報

【ほっとかない事業の効果】
・障がい者は、地域を支える自覚と責任感が芽生え、コミュニケーション力が向上し、一般就労への意識が向上。
・高齢者は買い物支援で生活が便利に。見守りによる安心感と訪問時のコミュ二ケーションで生活に潤いが出、自殺対策にも寄与。

【“ほっとかない”事業のさらなる展開】
・徳島県では池田博愛会以外に都市部での展開も含め、徳島県全域に3法人が進出。地域の活性化へ、障がい者が地域を支える主役を目指しています。

【要望】
過疎地域を廻る際、燃料費が嵩むと採算がとれない恐れもあり、今後支援のあり方を検討してもらいたい。
池田博愛会・徳島県の取組みが全国に横展開出来る様、検討を進めます。

【池田博愛会】
池田博愛会は、障がい福祉サービス事業「セルプ箸蔵(はしくら)」や「箸蔵山荘」(障害者支援施設)・「池田学園」(障害児入所施設)・「すぎのこ」(児童発達支援センター)・「箸蔵山荘」(ケアーホーム&グルーブホーム)・「はくあい」(障害者生活支援センター)(障害者就業・生活支援せんたー)・地域交流センター「はくあい」等の障害児・者福祉事業。「永楽荘」(特別養護老人ホーム)・「永楽荘デイサービスセンター」・「永楽荘在宅介護支援センター」・「長生園」(特別養護老人ホーム)・「ケアハウス宝珠」(軽費老人ホーム)等の老人福祉施設を経営しています。約50年以上、地域福祉の拠点として取り組んでおり、スタッフは400名を超えています。箸蔵地域(人口2544人)では箸蔵福祉村として、長寿社会に即した明るく住み良く健やかな生きがいのある福祉社会をめざし活動が進んでいます。

池田博愛会の前にて
古井市議と金子理事長
五島施設長・白井氏
三好市の風景

No.6922

「障がい者・地域と一つに!」地域活動支援センター「ほっとハウス」(徳島県徳島市)

25日午前、徳島市内にあるNPO法人ほっとハウスが運営する地域活動支援センター「ほっとハウス」を訪問。2006年から交流を続け、2013年の参院選の山本ひろしDVDにも協力をいただいた障がい者施設です。
(2006年訪問のブログ)
https://www.yamamoto-hiroshi.net/archives/cat53/cat56/2006/11/18_61.html

松本千鶴理事長や幸子さん達利用者の皆様が待っていてくださり、NHKの朝ドラ「あさが来た」の主題歌「365日の紙飛行機」を手話コーラスで歌っていただきました。皆さんの笑顔と真心に胸が一杯になりました。ありがとうございました。

ほっとハウスは松本千鶴さん(NPO法人 ほっとハウス理事長)が長女幸子さんがダウン症で、知的障がい者の働き場が少ない事を実感し、2000年4月に地域共同作業所として開設。約14人が働き、クッキー・手芸品などを作って販売、喫茶店も運営しています。2006年NPO法人として認定。現在、喫茶活動、音楽活動、地域ふれあい活動を展開しています。
喫茶店の運営と並行して取組んでいるのが、人権教育や交流活動。小学校や老人ホームなどで年5~6回手話コーラスを披露したり、楽器を演奏したりしています。
昨年は加茂名中学生が体験学習として約130名が「ほっとハウス」で数回に分けて訪問。障がいの利用者と一緒に菓子作りなど体験しています。またボランティアとして利用者を応援する地域住民も頻繁に店を訪れるようになっています。
「落ち込む事があってもみんなの顔を見ながらお菓子を食べると元気になるんだよ」そう言って立ち寄る客の多く、店はその名の通り、客の心がほっと落ち着く癒しの空間になっています。
地域の溶け込み住民と共に歩んできた小さな喫茶店。最初は、店の中だけだった「支えあい」はいつしか地域全体に広がっています。私も11年間の中で、いつも元気と勇気を頂いています。
これからも「ほっとハウス」のメンバーの笑顔が見続けられるように、障がい福祉政策に全力で頑張ってまいります。

No.6921

讃岐うどんで有名な山越うどん「かまたま」(香川県綾川町)

24日、香川県から徳島県へ向かう途中、綾川町の山越うどんで昼食。埼玉県から来られたNPO法人おやじりんくの金子理事長らも一緒です。

山越うどんは香川県内に数ある讃岐うどん店の中でも1、2位を争うほど人気のお店。うどんブームの火付け役となった「かまたまうどん」の発祥のお店でもあり、連休ともなると長蛇の列が名物にもなっています。本日の行列が出来ていました。

食事はセルフサービスで、店内に入り注文を告げると、茹で上がったうどんがすぐ渡されるので、そのどんぶりを受け取り、お好みで天ぷら等を乗せて精算。釜揚げ玉子うどん(通称:かまたま)大(2玉)と天ぷらを注文。400円台と安いです。
自分で「つけだし」を入れ、中庭の「さくら広場」で美味しくいただきました。

No.6920

平成29年徳島慶應倶楽部総会(徳島県徳島市)

平成29年徳島慶應倶楽部総会が徳島市内ザ・グランドパレスにて23日夜、開催されました。
塾歌斉唱・三木康弘会長(昭和62年法学部政治学科卒)の開会挨拶スタート。司会進行は岡本真一郎事務局長(平成5年経済学部卒)。
行事報告があり、本年も8月13日の阿波踊りに塾員・塾生合同阿波踊り「慶應義塾連」が出場します。昨年は100名が出場。
新会員の方々の紹介の後、森本副会長(昭和41年法学部卒)の音頭で乾杯。
懇談後、自民党の後藤田正純衆議院議員(平成5年商学部卒)・中西祐介参議院議員(平成14年法学部卒)と共に国会報告をさせていただきました。
今の政治状況、地方創生の取組み、観光、障がい者福祉など多くの人々と懇談、要望も伺いました。最高齢の原田先輩(昭和33年経済学部卒)は明日85歳の誕生日。お元気です。
最後は応援指導部出身の河野さん・三河さん・三木さんの3人の指揮で「若き血」の大合唱。
肩を組みながらの大合唱は学生時代に戻ったようでした。最後は安達副会長(昭和42年商学部卒)の閉会挨拶。

徳島の大勢の皆様と懇親を深める事となりました。いつも大変にお世話になり、ありがとうございます。

No.6919

自閉症支援専門施設「ウインドヒル」訪問・松原理事長夫妻と懇談(香川県高松市)

24日午前、高松市内にある社会福祉法人ポム・ド・パンが運営する知的障害者支援施設 ウインドヒルを訪問。埼玉県からNPO法人おやじりんくの金子理事長・山田詩織さんが同行。2016年以来金子理事長とは2度目の訪問です。
法人の松原理事長・管理者の松原正子さんと障がい者福祉で懇談、意見交換。松原理事長は香川県の自閉症協会会長も兼務されています。
自閉症児・者をもつ保護者が中心となり平成7年「施設設立発起人会」設立後、平成15年法人化。翌平成16年12月に長年の悲願であった自閉症支援の専門施設”知的障害者更生施設ウインドヒル”が高松市三谷町の丘の上に完成。現在入所が50人(住居塔は1ユニット9人の個室)、ケアホーム「風見の家」に9人です。また就労継続支援B型事業所(10名)・生活介護も運営しています。
B型ではうどんの箱作りで頑張る利用者。月額3万円と全国平均の2倍の工賃です。意見交換では平成30年報酬改定の入所施設の要望、福祉人材の確保・処遇改善、新たな共生社会サービスの内容、障がい者アート活動、就労支援など様々な分野から話し合い、要望も伺いました。
懇談後、新たに建てられた研修センターやエコポットなど製作する生活介護施設など見学。来る度に新しい取組みがなされています。今後とも発達障がいを含む障がい者施策に全力で取組んでまいります。

【ポム・ド・パンについて】
フランス語で松ぼっくりの事。ウインドヒルの建つ丘には、時折、松ぼっくりが転がっている。松ぼっくりは、松の木の生命である種子が住んでいる家。ここで、大切にはぐくまれ、また、次の生命を生み出していく。
一年中緑の葉をつけ、砂地でも荒地でもしっかりと根をはり、大きく枝を広げている松。その生命をしっかりと包み込んでいる松ぼっくり。社会福祉法人「ポム・ド・パン」も強く・大きく・たくましく!そして、小さな一つひとつの生命をはぐくむ、そんな暖かな場所。

No.6918

認定こども園 春野学園 西岡園長と子育て支援で意見交換(高知県高知市)

18日午後、高知市内の認定こども園 春野学園を訪問。西岡園長と子育て支援について
意見交換。

西岡園長とは2007年以来、地方裁量型認定こども園の支援改善や子育て支援でずっと交流させていただいておりました。新制度になり財政支援が地方裁量型の認定こども園にも平等になりました。

春野学園は認可を受け、新しく園も建設。91名の園児が通っています。
子育て支援の現状・課題・要望を伺いました。(下記内容)

・本年からスタートした保育士の処遇改善加算基準の柔軟な対応(園の裁量や研修時間)

・働き方改革(企業の育児休暇や保育支援)の推進

・病児保育や保育の緊急一時預かりの制度の推進(浦安の制度を参考に)

今後の施策に反映してまいります。

西岡園長と
意見交換
春野学園

No.6917

「議員力磨き信頼築く!」四国夏季議員研修会2日目(香川県宇多津町)

四国夏季議員研修会2日目。(23日)午前中は分科会。谷合正明議員担当の「憲法について」と私担当の「医療・介護・福祉の今後」の2テーマ。
「今後の地域医療構想、今後の介護保険、平成30年報酬改定、ICTによる医療と介護連携(佐渡モデル)、障害福祉の動向、発達障害支援、てんかん・高次脳機能障害など」約1時間、話させていただきました。

またSNS研修会の後、全体研修では、広宣物(通信)・SNS推進のコンクール表彰が行われました。通信などの広宣関係では、全員投票の結果、最優秀が西森みわ高知市議、優秀賞が田井くるみ高松市議・大西ふじこ善通寺市議と3人とも昨年に引き続き女性。SNSの推進では最優秀が山根たかひろ高知市議、優秀賞が森本節子いの町議が受賞されました。
おめでとうございます。

終了後は、香川の女性議員や徳島県の議員メンバーとの写真を撮るなど、交流を深める場ともなりました。2日間ありがとうございました。