公明党 参議院議員 山本ひろし

公明党

カテゴリー:企業・団体訪問 の記事

No.9391

ベンチャー経営者(有)電マーク 中野社長と懇談(香川県高松市)

6日午前、高松市の有限会社電マークを訪問。中野裕介社長らからこれまでの取組みなどを伺いました。 中野裕介社長はユニークで幅広い事業を展開するベンチャーを経営。総務省(異能VATION)・経産省などの先進事業として採択されています。最近は、ヒヨコの雌雄鑑別システムを世界に売り込んでいます。 電マークは「デジタル体験を世界に向けて発信したい」と2000年に起業。研究開発も設立当初から行い、10年前には……つづきを読む

No.9390

「瀬戸の夜明け」和田精密歯研(株)創業者、和田弘毅会長と懇談(香川県高松市庵治町)

5日午前、高松市庵治町にお住まいの和田精密歯研(株)創業者、和田弘毅会長を訪問。 香川県高松市生まれの和田弘毅会長は24歳の時、大阪にて会社を立ち上げてより62年。 現在、従業員1131名。年商も120億円を突破し、業界では日本一の企業グループに成長されました。開拓者としてチャレンジの人生の和田会長。大阪香川県人会の元会長として故郷香川と大阪を結ぶ役割も担われておられます。 現在、86歳ですが年齢……つづきを読む

No.9389

新型コロナ影響・調査・愛媛県③愛媛県社労士会横本会長と懇談(愛媛県松山市)

4日午後松山市内の  愛媛県社会保険労務士会の会長 横本恭弘氏を訪問。     横本会長は、全国社会保険労務士会連合会の副会長と中四国の会長でもあります。新型コロナの影響と現状について伺いました。 社会保険労務士制度が昭和43年発足して以来52年が過ぎ、社労士数も約4万2000人を超えています。10年前と比較し、約1万人以上も増え、年金や雇用・働き方改革など・大変身近な業務に携わる社労士の皆様の役……つづきを読む

No.9387

新型コロナ禍の影響・調査 愛媛県②「障がい福祉・商店街支援」日野学園 日野理事長らと(愛媛県松山市)

4日、松山市内の社会福祉法人 日野学園を訪問。太田幸伸市議が同席。日野二郎理事長・篠原茂昭理事(児童部施設長)らと新型コロナ禍の影響について、障がい福祉や商店街活性化について」懇談しました。 日野学園は昭和36年に児童福祉施設開設から50年以上の歴史を刻みます。障がいある成人・児童の入所・通所施設、ケアホームや就労継続支援B型事業を運営。2007年以来定期的に訪問。障がい者福祉等についてお伺いして……つづきを読む

No.9368

新型コロナ禍影響・調査 北広島町①地場企業の経営者と意見交換

26日午前、広島県北広島町の(株)サステックの松村社長夫妻らを訪問。地元北広島町の敷本弘美町議が同席。新型コロナ禍の影響など現状を伺いました。 ステンレスサッシの製造・販売の会社で新型コロナの影響で約4割の減収。現在資金繰りなど政府の支援策を検討中との事。外国人労働者の入国も中断。新型コロナが収束し、経済が立ち直る事を期待されています。

No.9367

地場企業(株)ウスイ電業を訪問「再生可能エネルギーで意見交換」(愛媛県新居浜市)

21日午後、新居浜市の(株)ウスイ電業を訪問。白石康貴社長等と意見交換。地元の新居浜市 高塚廣義市議、黒田真徳市議が同席。 再生可能エネルギーなどで意見交換。ものづくりの町・新居浜で事業に取り組む白石社長。志を持ち、夢にチャレンジの青年社長。応援してまいります。

No.9364

「電話リレーサービス」の開発・運用会社 (株)妻鳥通信工業の妻鳥氏らと懇談(愛媛県新居浜市)

21日夕方、新居浜市内の(株)妻鳥通信工業の前社長の妻鳥圭史氏・太志社長を訪問。今国会で「電話リレーサービス」の法整備が実現した報告などで、意見交換致しました。 「電話リレーサービス」は耳の聞こえない人が、テレビ電話などでつながったオペレーターに手話や文字で「病院を予約したい」といった要件を伝えると、オペレーターが代わりに電話をかけ、同時通訳者となってコミュニケーションを手助けするサービスです。G……つづきを読む

No.9363

「西日本豪雨 被災者へ」日赤に義援金(第4次)寄託(東京都)

24日、公明党山口那津男代表・斉藤鉄夫幹事長・谷合正明参院議員と共に、日本赤十字社を訪問。 西日本豪雨災害から2年を迎えるのを前に日本赤十字社に被災者への義援金(第4次分100万円)を大塚社長に寄託しました。党の義援金口座へ寄せられた真心からの浄財は、第1次分3000万円、第2次分3000万円、第3次分300万円と含め6400万円となりました。   公明党本部に寄せられた全国の皆様からの真心です。……つづきを読む

No.9362

「新型コロナ禍の影響・要望調査」香川県③知的障害者支援施設 ウインドヒルを訪問(香川県高松市)

香川県 高松市内の社会福祉法人ポム・ド・パンが運営する知的障害者支援施設 ウインドヒルへ。(20日)法人管理者の松原正子さんと松原事務局長と新型コロナ禍の影響・要望活動で懇談、意見交換。 自閉症児・者をもつ保護者が中心となり平成7年「施設設立発起人会」設立後、平成15年法人化。 翌平成16年12月に長年の悲願であった自閉症支援の専門施設”知的障害者更生施設ウインドヒル”が高松市三谷町の丘の上に完成……つづきを読む

No.9360

「新型コロナ影響・調査」愛媛県②NPO法人さなえ小川理事長と懇談「障がい福祉の現場の声を伺う」(愛媛県松山市)

22日午後、松山市内に障がい者就労支援に取り組む「NPO法人さなえ」の小川純人理事長を訪問。新型コロナ影響の現状、要望を伺いました。 小川理事長とは慶應大学の同窓でもあり、社会的弱者、生活困窮者、罪を犯した人たちが再チャレンジできる社会目指し、「NPO法人まもる」を2016年立されています。 また「NPO法人さなえ」は障がい者が自立した日常生活及び社会生活を営むための支援事業を行っており、障がいの……つづきを読む