公明党 参議院議員 山本ひろし

公明党
No.1826

猛暑の街頭演説・介護・障がい者支援の現場訪問 (香川県高松市)


高松築港駅前


早朝の街頭


猛暑の街頭演説


高松築港駅前での街頭演説。通勤客・通学客の皆様や玉藻公園に来られる方々にアピール。汗だくの街頭。


中西理事長と懇談


午前中、「介護保険制度の課題と解決の方向性について」財団法人日本介護情報配信機構 中西理事長たちと懇談。

急速な高齢化の進展での介護給付費の急激に増加している。介護保険給付金は、平成20年度7・8兆円。しかし居宅介護などの昨年度不正受給金額が数億円で、氷山の一角ともいわれている。国も自治体も介護保険の適正化事業に取り組んでいるが、具体的な緩和策が出せない状況にある。

こうした中、介護保険適正化策について中西理事長が推進している適正化事業の状況(PIPOシステム導入の効果)など伺い、意見交換を進めた。今後、研究すべきテーマである事を実感。


高松市内


午後には、障がい者就労支援などについて「あゆみ園」小西理事長と懇談。障がい者施策について意見交換。

県の特別支援学校問題(人数増による対応)など要望を伺う。以前の施設訪問のブログ。
https://www.yamamoto-hiroshi.net/archives/diary/2010/01/08_1570.html


マリンライナー号から見る瀬戸内海

高松市内の挨拶まわり・街頭を終え、夕方高松駅からマリンライナー号に乗り、新幹線経由で上京。



コメント