公明党 参議院議員 山本ひろし

公明党
No.1825

「障がい者手造りのお菓子・龍馬像の庵治石」に感激(香川県高松市)


真夏の街頭演説


ことでん高松築港駅前


猛暑の中、高松市内をまわる。午後、ことでん高松築港駅前では、街頭演説を行う。

日差しがきつい中、「クリーンな政治・年金加算制度・介護などの社会保障の充実・うつ病などの新しい福祉等」今後の公明党の政策等訴えた。

夕方、高松市庵治町にある特別養護老人ホーム「あじの里」障がい者就労継続支援B型「きらり」を訪問。


森野統括と意見交換


運営する社会福祉法人「洋々会」は、老人福祉事業として特養(あじの里)・ディサービスセンターや障害福祉事業として就労継続支援(きらり)・児童ディサービス(げんき)等、地域に密着し、地域福祉向上を目指している。

責任者の森野統括の案内で障がい者支援現場を視察。


クッキーと庵治の石(坂本龍馬像)


手造りのクッキーや地元庵治の石を活用した石材(坂本龍馬の顔)等工夫をしながら活動する様子に感激。3年前から利用者も増え、工賃も大きく改善された話しを伺い安堵する。

処遇改善など施策充実に取り組む公明党の実績・政策を話す。今後も高齢者・障がい者に優しい社会めざし頑張る事を約束する。



コメント