公明党 参議院議員 山本ひろし

公明党
No.1827

軽度外傷性脳損傷(MTBI)友の会の方々の来訪(東京都)


西村部長と


午前中、国会事務所に(株)メルフィス西村氏が来訪。訪問介護やデイサービスなど介護業界の直面する課題について意見交換。いい人材が定着するための施策等伺う。

午後からは、公明党の両院議員懇談会が開催され、山口代表中心に参院選の取組みや今後の活動について懇談。


軽度外傷性脳損傷(MTBI)友の会の要望


『友の会』斉藤事務局長たちと


夕方には軽度外傷性脳損傷(MTBI)友の会の佐曽利副会長・斉藤事務局長など来訪。要望を伺う。

厚生労働委員会でMTBIの事を委員会でとりあげ質問。長妻大臣が前向きに答弁し、厚生労働省内にも対策チームができ対応が前進している。

(委員会質問について毎日新聞掲載内容)
https://www.yamamoto-hiroshi.net/archives/cat38/2010/04/17_1763.html

今回の要望は『画像に見えない外傷性脳損傷(MTBI)・脊髄損傷のため、労務困難な場合の障害等級の設定である。』

現行の障害等級認定基準では、労務困難で画像の所見がないケースは等級が未設定。労務可能の場合14級とのケースもあるが、画像の見えないMTBIなどの対応については基準が不明確のため、多くの方々も困り、裁判でも争われている。そうした課題改善の要望である。

今後、労災保険の障害等級認定基準の研鑽を深め、対応を進めたい。



コメント