公明党 参議院議員 山本ひろし

公明党
No.819

舛添大臣に「平成21年度予算」の重点要望(香川県高松市・東京都)


機上からの富士山


早朝一番の飛行機に乗る為、高松駅から空港行きのバスを利用。
機上からは静岡方面が。富士山が垣間見える。17日ぶりの東京。

国会に直行。山積した書類など目を通しながら、打合せに入る。


舛添大臣に要望書を


昼には浜四津代表代行等と共に厚生労働省へ。「平成21年度予算概算要求に向けた重点要望について」厚生労働部会として舛添大臣にお願いにあがる。

1.年金 2.医療 3.介護 4.児童家庭福祉 5.障害者福祉 6.雇用 7.食品安全対策 8.その他の項目について、予算の確保に努められるよう、要望した。


舛添大臣と要望書について懇談


具体的な緊急対策も含め、社会保障など大事な内容について、要望する。
中国・四国をまわり、現場の声を伝えようと、特に地方の医師不足の解消について、地方の厳しい様子を舛添大臣にお話しする。

午後から県代表者懇談会が太田代表中心に開催。衆議院選挙大勝利への出陣の集いとなる。その後、トンボ帰りで羽田空港から高松空港へ。


讃岐三田会河野会長


応援歌若き血合唱


讃岐三田会の会合に駆け込む。慶應の同窓の皆様。「いつ選挙なの?」「原油高対策は?」「公務員行政改革に公明党がメスを!」など等。様々な声をいただく。応援歌「若き血」を全員で合唱。皆さん大変元気である。



コメント