公明党 参議院議員 山本ひろし

公明党
No.1817

新議員会館で電子黒板活用の要望を伺う(香川県高松市・東京都)

早朝高松駅前での街頭演説からスタート。


街頭演説


高松駅前


街頭では、通勤客・通学生など大勢の方々へ、参議院選挙の報告と今後の公明党の活動について訴える。

市内の挨拶まわりを終え、高松空港から東京へ。

久しぶりの国会事務所へ向かう。


新議員会館で(株)サカワの皆様


新議員会館からの風景


国会議事堂


新しい議員会館で、愛媛県の電子黒板製造メーカー(株)サカワの坂和副社長たちが来訪。昨年の11月公明党山口代表が会社視察を行い、電子黒板(しゃべるくん)のデモンストレーションを見学し、要望を伺った経緯がある。
https://www.yamamoto-hiroshi.net/archives/diary/2009/11/02_1471.html

「わかる授業」実現に小中高等学校に電子黒板の活用を図る整備事業は、公明党が「スクール・ニューディール構想」として前政権で推進してきた。政権交代で補正予算一部凍結や22年予算が白紙となり整備事業のスピードが頓挫している。

学校等におけるICT環境整備・充実の一環として電子黒板化は必要である。今後しっかり推進できる取組みをしてまいりたい。



コメント