公明党 参議院議員 山本ひろし

公明党
No.2573

「障がい者が安心して地域に住める生活支援事業とは?」(愛媛県四国中央市)

午後から高松市から愛媛県四国中央市に移動。


街頭演説


街頭演説2


街頭演説3


四国中央市内で終戦記念の街頭演説会を地元進藤市議・越智市議と共に行った。


越智市議


進藤市議あいさつ


越智市議の司会で進藤市議の挨拶の後、国政報告も含めて、世界平和・核廃絶に向けて戦う公明党をアピール。大勢の方々が車の中から手をふってエールをおくっていただく。


NPO法人 今人倶楽部


高塚氏と意見交換


街頭終了後、越智・進藤両市議と共にNPO法人今人(イマジン)倶楽部 高塚副代表と懇談。

障がい者の地域移行や就労支援に取り組む活動について、お話しをお聞きする。
また発達障がいの幼児から成人の就労移行までの一貫した支援等先駆的な取組みに感銘を受ける。

さらに「地域移行のための安心生活支援事業計画」について意見交換。

入所施設又は病院から地域生活へ移行した障がい者など、地域に住む障がい者が安心した生活を継続するためには、地域の中で様々なサポートを行っていくことが必要。(下記事業内容)
①24時間緊急相談支援事業②緊急スティ事業③地域生活体験事業④地域移行・居住サポートコーディネイト事業⑤共同生活介護事業(ケアホーム)⑥権利擁護事業など。

こうした事業推進するには、国のきめ細やかな支援が必要だがまだ課題は山積している。

「地域移行・居住サポートコーディネイト事業や共同生活介護事業など人員が確保できる制度改善(報酬単価の設定・改善など)が求められる。」など改善への課題・要望を伺う。

9月10日四国中央市で開催される【共生フォーラム&四国フォーラムIN愛媛「元気に生きる」】(高塚氏が実行委員長)のシンポジウムのパネリストとして出席する事を約束。
障がい者の地域移行の課題改善へしっかり取り組んでまいりたい。



コメント