公明党 参議院議員 山本ひろし

公明党
No.965

公明党四国代表と本四連絡高速道路の値下げの申し入れ (東京都)

8時から税制調査会拡大幹事会が開催され、平成21年度税制改正要望について経済産業省・国土交通省などからヒアリングを行った。


本会議(弘友議員の質問)


国対役員会・議院運営委員会・本会議と続く。本会議では平成19年度決算報告の質疑が行われ、公明党からは弘友参議院議員が麻生総理などに質問が行われた。

また昨日委員会から送付された児童福祉法改正案が全会一致で可決・成立となった。
里親の方からの喜びのメールが届いたが、やっと実現の運びとなり、今後の少子化対策の大きな前進となる。


金子副大臣に陳情


本四連絡高速道路値下げ


12時に国土交通省へ「本州四国連絡高速道路の値下げに関する申し入れ」で陳情にうかがう。石田四国議長(衆議院議員)と4県の代表(香川都築・高知池脇・徳島長尾各県代表と愛媛豊田幹事長)と共に金子副大臣と面談、申し入れを行う。

「生活対策」に盛り込まれた「高速道路の値下げ」が「休日どこまで走っても千円」が、四国だけが例外として考えられている事に対して以下の3点を中心に申し入れる。
1.他の地域と同じ同等の千円に設定する。
2.本州四国連絡高速道路は利便性の向上を作られた架橋とは一線を画す重要な道路である事を考慮した料金にする。
3.四国の物流を支える為にも平日割引も他の高速道路と同様にする。等

4県の代表の話しを聞かれた金子副大臣は「連立与党公明党の国会議員・四国の4県代表の皆様の要望についてしっかり受止めます。金子大臣からも4県の知事等からも陳情を受けており、四国の方々の思いを重く受止めます。審議官に、どういう事が可能か指示を出しました。」等の話しがある。

私も「全国の中で四国の厳しい経済の状況・本州と四国を結ぶ3つのルートの大切等」訴える。この件では1年間で6度、国土交通省の冬柴大臣へ陳情を重ねており、四国の皆様の思いが実現するように頑張ってまいりたい。


障がい者福祉委員会


太田代表と懇談


本日は障がい者福祉委員会で各団体から「障害者自立支援法の見直しについて」ヒアリングを行った。全国身体障害者施設協議会・社会福祉法人「全国精神障害者社会復帰施設協会」・全国社会就労センター協議会・NPO法人全国地域生活支援ネットワークの4団体。様々な要望を聞き、意見交換を進める。終了後、太田代表も駆けつけメンバーと懇談する。



コメント