公明党 参議院議員 山本ひろし

公明党
No.964

委員会質疑から/育児の不安、負担を解消/参院厚労委 児童福祉法改正案を可決/山本(博)氏が質問

 <これまでの活動記録>

質問する山本(博)氏=25日 参院厚労委
 参院厚生労働委員会は25日、子育て支援策や児童虐待対策を拡充・強化する児童福祉法改正案の採決を行い、全会一致で可決した。

 採決に先立ち質問に立った公明党の山本博司氏は、同改正案について、生後4カ月までの乳児のいる家庭に専門スタッフを派遣して育児のアドバイスを行う乳児家庭全戸訪問事業(こんにちは赤ちゃん事業)や、自宅などの環境で子どもを預かる家庭的保育事業「保育ママ」などを法的に位置付けることにした意義を確認。舛添要一厚労相は「法制化することで、育児のさまざまな不安や負担、孤独感を解消するために支援していく。支援の質や利用頻度も向上し、市町村も積極的に事業ができるようになる」と答えた。

 また、山本氏は、里親制度の普及、高齢化・長期化している引きこもりについても、対策の強化を訴えた。

 (2008年11月26日付 公明新聞より転載)



コメント

  • t.a より:

    ひろしさん、最後までごくろうさまでした、私も悔いのない戦いをすることができました、大勝利を確信してます。

  • 福永 勝 より:

    ご無沙汰を致しております。善通寺支部の福永です。山本さんのご活躍は公明新聞で拝見致しております。先日はまんのう町での1000本桜の植樹に起こし頂いたそうで有り難う御座います。今、地元では「まんのう町」「綾川町」「小豆島」就中、まんのう町の戦いは必死の攻防戦を展開しています。そんな中、嬉しい報告です。来る7月の大勝利の前哨戦として、我が善通寺支部では先月、公明新聞の大拡大闘争を実施しました。結果、有権者比1%(282部)をプラス10部超える292部を達成する事が出来ました。善通寺支部の全党員の執念で勝ち取りました。この勢いで必ず「まんのう町」も大勝利していきます。気温の変動が激しい毎日です、どうぞお体を大切にされて下さい。

  • 福永 勝 より:

    ご無沙汰を致しております。善通寺支部の福永です。山本さんのご活躍は公明新聞で拝見致しております。先日はまんのう町での1000本桜の植樹に起こし頂いたそうで有り難う御座います。今、地元では「まんのう町」「綾川町」「小豆島」就中、まんのう町の戦いは必死の攻防戦を展開しています。そんな中、嬉しい報告です。来る7月の大勝利の前哨戦として、我が善通寺支部では先月、公明新聞の大拡大闘争を実施しました。結果、有権者比1%(282部)をプラス10部超える292部を達成する事が出来ました。善通寺支部の全党員の執念で勝ち取りました。この勢いで必ず「まんのう町」も大勝利していきます。気温の変動が激しい毎日です、どうぞお体を大切にされて下さい。