公明党 参議院議員 山本ひろし

公明党
No.1195

「難病支援の総合的対策を求める国会内集会」で挨拶(東京都)

徳島空港から朝一番の飛行機で東京へ。国会に直行。


難病支援の総合的対策を求める国会内集会


10時からの「難病、長期慢性疾患、小児慢性疾患の総合的対策を求める国会内集会」【日本難病・疾病団体協議会(JPA)】に参加。全国から大勢の皆様が難病などの総合対策を求め、参集された。


公明党代表で挨拶


公明党を代表して挨拶。「今回の補正で11疾病の医療費助成が図られた事(29億円)・また本予算でも4倍の100億円の予算で研究奨励分野の疾病が飛躍的に拡充された事など現場の皆様の声を聞き、対応した公明党の取組みを紹介。今後抜本的な基本法の整備など対応を訴える。」


「愛媛県難病等患者団体連絡協議会」菅裕子会長・河野さん・高知竹島副理事長


午後から、「愛媛県難病等患者団体連絡協議会」菅裕子会長・事務局河野さん・「NPO法人高知県難病団体連絡協議会」竹島和賀子副理事長が陳情の署名簿を持参され、事務所を来訪。要望を伺う。

夕方からは明日の委員会質問の準備のために厚労省にレクを実施。「国民年金法の1部を改正する法案」で今回の法案の内容・国庫負担分の財源などについて質問の予定。



コメント