公明党 参議院議員 山本ひろし

公明党

カテゴリー:国会 の記事

No.9914

ワクチン担当副大臣を拝命(東京都)

昨日(19日)河野太郎大臣の下での、ワクチン担当副大臣として、内閣府副大臣の任命を受けました。 厚生労働副大臣との兼務となりますが、国民の皆様が安心して、早くワクチン接種が受けられるように全力で頑張ってまいります。

No.9908

参議院内閣委員会の閉会中審査(東京都)

14日午前中、参議院内閣委員会の閉会中審査が行われました。 野党議員からの質問に副大臣として答弁。 新型コロナ対策の水際対策、メンタルヘルスケアの必要性、医療機関・高齢者施設での検査体制、生活福祉資金の返済免除等の内容でお答えしました。 いよいよ来週(18日)から通常国会が150日間の会期で開幕の予定です。

No.9906

衆院内閣委員会 閉会中審査で答弁(東京都)

国会は閉会中ですが、本日午前中、衆院内閣委員会の閉会中審査が開催されました。(13日) 公明党濱村進議員、立民柚木道義議員の新型コロナ対策の質問(感染状況の認識、生活保護の弾力的運用、ひとり親世帯支援等)にお答え致しました。 明日は参院内閣委員会が開催の予定です。

No.9865

厚労副大臣の活動③参議院国土交通員会での答弁(東京都)

国会の閉会中審査が24日開催。参議院国土交通員会で「新型コロナ対策で医療、看護、障がい福祉の分野など」で答弁に立ちました。 れいわ新選組の木村英子議員からの質問では「入院時の介護者等の付き添い・コミュニケーション支援が可能である旨の厚労省の通知」の質問には「それまでの取組みと共に医療機関に行き届くよう必要な周知を行う旨」の答弁を致しました。

No.9860

副大臣の活動②国土交通員会で答弁・東海大学医学部高橋先生とのオンライン会議(東京都)

国会は閉会していますが、23日午前中は、衆議院の国土交通委員会が開催され、立憲枝野代表の質問に答弁に立ちました。 夕方からは東海大学医学部 高橋英孝教授らとのオンライン面会。高橋先生とは、2018年に八王子の東海大学医学部を視察しています。 「聴覚障がい者が健常者と同様に医療を受ける為には?」東海大学医学部高橋先生と懇談(東京都八王子市) 「コロナ禍における生活習慣病対策」特にオンライン診療で自己……つづきを読む

No.9851

副大臣の活動:参議院内閣委員会で答弁(東京都)

国会は閉会中ですが、本日も参議院内閣委員会が開催。公明党石川ひろたか参議院議員の質問の答弁に立ちました。(17日) 新型コロナウイルスのワクチン接種についての質問。「より幅広い人に柔軟に受けてもらうことが極めて重要」との観点から、土日・夜間や勤務地さらには、住民票のない方への接種についての内容でした。 この日も副大臣室には、「公明党の不払い養育費問題対策PT」の衆参国会議員の要請活動。埼玉県知事と……つづきを読む

No.9827

厚労委員会で答弁・首相官邸でのインフラ戦略会議・「第17回新型コロナ感染症対策アドバイザリーボード」(東京都)

10日は国会閉会中ですが、参議院厚生労働委員会が開催。公明党塩田参院議員の質問(新型コロナ対策と不育症支援について)答弁に立ちました。 夕方からは首相官邸にて「経済協力インフラ戦略会議」に田村大臣の代理で出席。 夜18時からは新型コロナ対策を検討する厚生労働省の専門家会合「第17回新型コロナ感染症対策アドバイザリーボード」に田村厚労大臣らと共に出席。 座長の国立感染症研究所 脇田隆字所長、地域医療……つづきを読む

No.9810

厚労副大臣の活動①厚生労働委員会「ひきこもり支援」で答弁(東京都)

3日、臨時国会最後となる参議院厚生労働委員会で答弁に立ちました。 矢倉かつお参議院議員「就職氷河期世代のひきこもり支援について」の質問にお答えしました。 昨日(2日)も消費者特別委員会でも新型コロナ対策のPCR検査について答弁。

No.9802

参議院厚労委員会・財政金融委員会で答弁(東京都)

本日から師走。臨時国会も終盤。参議院厚生労働委員会では、予防接種法の審議が行われ、塩田議員の質問に答弁。議事が終結し、採決が行われ、全会一致で可決。明日の本会議で成立の予定となりました。 また参議院の財政金融委員会でも介護離職者対策で答弁に立ちました。

No.9787

「3委員会で答弁」「第15回新型コロナ感染症対策アドバイザリーボード」(東京都)

24日は、朝9時からの衆議院財政金融委員会、参議院総務委員会、参議院厚労委員会の3委員会で副大臣として答弁に立ちました。 夜は、新型コロナ対策を検討する厚生労働省の専門家会合「第15回新型コロナ感染症対策アドバイザリーボード」に田村厚労大臣らと共に出席。 「新型コロナウイルス感染症対策アドバイザリーボード」は、新型コロナウイルス感染症対策を円滑に推進するに当たって必要となる、医療・公衆衛生分野の専……つづきを読む