公明党 参議院議員 山本ひろし

公明党

カテゴリー:国会 の記事

No.10210

「DV被害者等のワクチン接種について」公明党塩田議員に答弁(参院厚労委員会)(東京都)

8日閉会中審査で、参議院厚生労働委員会が開催。 公明党塩田博昭議員、維新の会東徹議員のワクチン接種の質問の答弁に立ちました。塩田議員は、「DV被害者等へのワクチン接種について」の内容。 「住民票所在地以外において接種出来る事。また接種券についても避難している現在の居住地で接種券の再発行を受ける事ができ、接種記録も現在の居住地での管理する。 被害者の安全確保を十分配慮した対応を行う事。自治体のワクチ……つづきを読む

No.10207

ワクチン接種で内閣府副大臣として答弁(衆院厚生労働委員会)(東京都)

7日、閉会中審査として、衆議院厚生労働委員会が開催。内閣府副大臣として、公明党の桝屋敬悟議員、立憲民主党の枝野議員・長妻議員の質問に答弁しました。 全てワクチン接種についての内容です。自治体のワクチン供給の全体像、職域接種のスケジュール等について答弁しました。 全体像の質問は、 「ワクチンの総量は今年9月までにファイザー社とモデルナ社を合わせて2億2千万回分のワクチンを確保しており、ほぼ全ての希望……つづきを読む

No.10180

閉会中審査・参議院行政監視委員会で答弁(東京都)

国会が閉幕しましたが、21日閉会中審査(参議院行政監視委員会)が行われました。 立憲民主党の小沢雅人議員の質問の答弁に立ちました。「入国者の水際対策について」の内容です。

No.10165

医療的ケア児支援法が成立(参議院本会議にて)

11日、参議院本会議にて念願の「医療的ケア児支援法」が全会一致で可決、成立いたしました。大変にありがとうございました。 たんの吸引や人工呼吸器など日常的に医療的なケアが必要な子どもとその家族を支援する「医療的ケア児及びその家族に対する支援に関する法律(医療的ケア児支援法)」。これまで努力義務にとどまっていた国や自治体の支援策を「責務」として法で明文化。そのうえで、支援の地域間格差を是正して家族の負……つづきを読む

No.10164

「参議院総務委員会、厚労委員会で答弁①」(東京都)

通常国会も最終版。10日は終日、参議院の委員会で答弁に立ちました。総務委員会では立憲民主党の吉田忠智議員の「ワクチン接種の周知、職域接種など」に答弁。 また厚生労働委員会では午後の一般質疑で公明党の矢倉克夫議員の「災害時の高齢者施設の避難器具について」の質問に答弁しました。

No.10162

「医療的ケア児支援法案」参議院厚労委員会で審議・答弁(東京都)

議員立法として提出された「医療的ケア児及びその家族に対する支援に関する法律案」(医療的ケア児支援法案)が10日参議院厚生労働委員会で審議され、満場一致で可決。明日の本会議に送付されました。 「医療的ケア児支援法案」は、2015年超党派「永田町子ども未来会議」のメンバーとして、ずっと取り組んできた法律です。副大臣として政府側で答弁に立つ事が出来、感慨深いものがありました。法律提出者の立憲民主党 荒井……つづきを読む

No.10159

「ワクチン接種・新型コロナ後遺症」で答弁(衆院厚労委員会)(東京都)

9日は、終日、衆議院厚生労働委員会に出席。立憲民主党大島議員の「ワクチン接種」、公明党の伊佐進一議員の質問「新型コロナの後遺症」の答弁に立ちました。 夜はアドバイザリーボードに。国会も最終版。明日も参議院の厚労委員会等で答弁に立ちます。

No.10156

「ワクチンの職域接種について」答弁(参議院厚生労働委員会)(東京都)

8日終日。参議院厚生労働委員会が開催。公明党塩田博昭議員の「ワクチン接種」の質問に答弁。 【質問内容】 『職域接種』に入国管理や税関職員、公共交通機関等の感染の危険性の高い職種の接種の推進、 保育士・教職員など子どもに接する職種についても、早期接種の推進と自治体への周知 【答弁】 国家公務員については、水際対策や危機管理・災害対策を担う職員などを中心とした職域接種について検討中であり、早期に接種を……つづきを読む

No.10153

議員立法「医療的ケア児支援法など」で答弁(衆議院厚生労働委員会)(東京都)

4日は終日衆議院厚生労働委員会が開催され、委員会に出席、答弁に立ちました。立憲民主党 西村智奈美議員から「ワクチンの職域接種について」3問。内閣府副大臣として答弁しました。 また議員立法として提出された「医療的ケア児及びその家族に対する支援に関する法律案」(医療的ケア児支援法)。日本維新の会 青山雅幸議員の質問に厚生労働副大臣として答弁しました。 「医療的ケア児支援法」は、2015年超党派「永田町……つづきを読む

No.10147

「副大臣として100人目・公明党高木美智代議員の質問に答弁(衆院厚労委員会)」(東京都)

厚労副大臣に任命を受け、国会答弁が、本日(2日)の衆院厚労委員会で公明党の高木美智代議員の質問で、ちょうど100人目となりました。 「ワクチンについて、COVAXファシリティへ拠出するメリット」と「MTBI(軽度外傷性脳損傷)についての厚労省の取組み」の2問。累計212問。 議員生活最後になるかもしれない高木議員の質問。高木議員には議員になって以来、障がい者施策など一貫してお世話になり、教えて頂い……つづきを読む