公明党 参議院議員 山本ひろし

公明党

カテゴリー:国会 の記事

No.10079

「ヤングケアラー支援・高齢者施設等の水害被害等の避難体制について」答弁(公明党矢倉議員の質問:参議院厚労委員会)(東京都)

20日、参議院厚生労働委員会が終日開催されました。公明党から矢倉克夫議員からの質問に答弁しました。 「ヤングケアラー増加の背景、支援の仕組み、プリジェクトチーム(PT)の検討内容」などヤングケアラー支援についてお答えしました。 また「高齢者施設・障害者施設での水害被害回避の為の避難体制(垂直避難)と消防庁など各省庁に働きかけについて」の質問に対して、「高齢者施設等を所管する厚労省として、現場実態等……つづきを読む

No.10077

参議院決算委員会で副大臣として答弁(東京都)

19日参議院決算委員会にて国民民主党の伊藤たかえ議員のワクチン接種の質問に厚労副大臣として答弁に立ちました。 明日は参議院厚生労働委員会が終日開催され、答弁の予定です。新型コロナの感染拡大の状況の下、アドバイザリーボードも開催の予定です。

No.10074

「医療法の審議で本会議で答弁チェック・衆議院内閣委員会で答弁」(東京都)

16日は、各委員会が開催。午前中は、参議院では本会議にて医療法の質疑が行われ、公明党から竹内議員が登壇。 私は田村大臣の答弁チェックで壇上でした。いよいよ参議院で本格論戦となります。 午後からは、衆議院内閣委員会にて国民民主党の岸本周平議員の質問の答弁に立ちました。「ワクチン接種について」の質問です。

No.10072

公明党大口衆院議員の質問に答弁(衆議院災害対策特別委員会にて)(東京都)

衆議院災害対策特別委員会が15日開催され、公明党大口善徳議員の質問に厚労副大臣として答弁に立ちました。 災害対策基本法の改正の審議で、「避難行動要支援者の個別避難計画の作成において、介護支援専門員(ケアマネジャー)等福祉専門職の参画の推進について」の内容です。

No.10067

衆議院厚生労働委員会で「ワクチン接種について」答弁(東京都)

14日衆議院厚生労働委員会が9時から健康保険法の審議が約7時間行われました。 立民の大島敦議員から「ワクチン接種とワクチン記録システムについて」同じく立民の尾辻かな子議員から「ワクチン接種とワクチン円滑化システム(V―SYS)について」質問があり、答弁致しました。

No.10056

連日の委員会での答弁(衆議院厚生労働委員会)(東京都)

9日は終日衆議院厚労委員会に出席。副大臣として答弁に立ちました。 自民党 木村弥生議員から「障害者優先調達推進法に基づく、政府の取組みの推進について」質問があり、法律制定に関わった一人として、しっかり取り組む答弁を致しました。 公明党からは高木美智代議員が「新型コロナ対策のワクチンについて」大事な質問もありました。 連日の委員会での答弁が続きます。

No.10054

「新型コロナウイルス感染症対策分科会・厚生労働委員会で答弁」(東京都)

8日参議院厚生労働委員会が終日開催され、日本維新の会 東徹議員のワクチン接種の質問に内閣府副大臣として答弁致しました。 また有識者らによる新型コロナウイルス感染症対策分科会(会長・尾身茂地域医療機能推進機構理事長)の会合が17時30分から合同庁舎で開催。 西村大臣、田村大臣と共に出席。 「最近の感染状況、今冬のリバウンド防止に向けた指標と考え方など」約3時間、意見交換致しました。

No.10049

参議院行政監視委員会「ワクチン接種・自殺対策など」で答弁(東京都)

参議院行政監視委員会が7日午後より開催され、与野党の議員の質問にお答えしました。 自民党島村大議員からは「ワクチン接種体制確保」。立憲民主党の川田龍平議員からは、「死因究明・自殺対策について」。 夫々答弁いたしました。

No.10043

参議院厚生労働委員会で答弁(東京都)

6日は、終日 参議院厚生労働委員会が開催されました。 日本維新の会の東徹議員の質問に答弁に立ちました。「65歳以上の新型コロナワクチン接種について」の質問に内閣府副大臣としての答弁です。

No.10040

「決算の参議院」決算委員会で答弁(東京都)

5日は、総理、全閣僚出席の参議院 決算委員会が開催されました。「決算の参議院」として、決算委員会にて様々な充実した論戦が展開されてきました。 公明党からは、矢倉かつお・高橋みつお議員が登壇。 高橋議員の新型コロナ対策「変異株の性質と対応について」答弁に立ちました。