公明党 参議院議員 山本ひろし

公明党
No.5525

誰もが安心して出かけられるまちに!高知「タウンモビリティステーションふくねこ」視察(高知県高知市)

地元の高木妙(たえ)高知市議と共に高知市中心商店街街にオープンした「タウンモビリティステーションふくねこ」を視察しました。(29日)中心で運営されているNPO法人 福祉住環境ネットワークこうち(ふくねこ)理事長の笹岡和泉さんから活動の取組みについて伺いました。

笹岡理事長と
笹岡理事長と
中心商店街で
中心商店街で

昨年の7月に訪問して以来の再会です。その時は未だ常設の拠点がなく、月1回開催のイベントを見学させていただきました。今後の目標をお聞きした時に、中心商店街に「タウンモビリティステーション」を常設するのが目標と話された笹岡さん。見事実現されました。
(2014年7月訪問のブログ)
https://www.yamamoto-hiroshi.net/archives/2014/07/2_67.html

中心商店街に拠点が出来てからの実績報告・タウンモビリティの効果と課題について伺いました。

「タウン」は「まち」、「モビリティ」は「移動性」という意味。たとえ障がいがあっても、高齢になっても、自由に移動できるまちにしようという取組みです。1980年ごろにイギリスのショッピングセンターで始まり、日本には活動の場所を商店街に変えて導入されました。

タウンモビリティのモデル都市久留米
タウンモビリティのモデル都市久留米
タウンモビリティステーションふくねこ
タウンモビリティステーションふくねこ
タウンモビリティとは?
タウンモビリティとは?

障がい者当事者が地域の中で社会貢献などの役割・社会資源となりうる事や障がい当事者が生きがいとなり地域を支えている力となっている事(地域包括ケアシステムの中での民間力としての活用)など熱く語る笹岡理事長。さらにパワーアップし、共生社会の夢を実現する姿に勇気と元気をもらいました。今後の施策に反映してまいります。

【開所時からのデータ(4月30日~7月31日)】

【来訪者の内訳】

  1. タウンモビリティに情報やサポートを求められて来られる方(障がい者・高齢者・観光客など)約70%
  2. タウンモビリティに何かできる事で手伝いたいと来られる方(一般の方・障がい当事者も含む)約20%
  3. お互いにメリットがある形での連携を求められて来られる機関(市社協・障がい者福祉センター・行政・大学など)約10%

【ステーション定例行事】

【他団体と連携した活動実績】

【効果】

【課題】

【改善の取組み】



コメント