公明党 参議院議員 山本ひろし

公明党
No.868

岡山市・備前市の地元企業・障害者作業所・事故多発現場を視察(岡山県岡山市・備前市)

本日も岡山県を中心に訪問・懇談を進める。


慶應先輩武田会長と


市内の地元企業関係者と懇談。慶應の先輩である(株)廣榮堂 武田会長も訪問。1年間の活動報告と共に今の政局などが話題に。公明党らしく、庶民の声を活かし頑張って欲しい励ましを受ける。


備前の山々


ひだすき作業所で意見交換


夕方から備前市に移動。掛谷市議・森本市議と共に社会福祉法人「ひだすき」が運営する「ひだすき作業所」を1年半ぶりに視察。大田理事長・今吉施設長から現在の課題と要望をお聞きする。知的障害者を中心に16名の利用者。利用者の負担の軽減と安定した運営が出来るように是非対策をとの声にしっかり、応えてまいりたい。


地元の皆様から説明を受ける


事故多発現場視察


急な階段の陸橋


その後、国道2号線で事故の多発する陸橋現場を訪問。地域の住民の方々から高齢者の方が陸橋を利用できず横断するため、交通事故が多発。是非改善をとの声をお聞きする。高齢者の皆様が安心出来る、環境整備に努めてまいりたい。

夜は備前での政治学習会に参加。「定額減税・ムダゼロ」を中心に公明党の政策をお訴えする。大勢の皆様から「応援してますよ。頑張って!」等温かく応援いただき、本当にありがたい。



コメント

  • 佐絛和美 より:

    メルマガ配信お願いします!

  • 清水 裕至 より:

    僕も一応、藤塚支部にいます。
    はじめまして、清水裕至ともうします。
    僕も生まれ付き知的障害者です。障害者の為にこれからより深く頑張って下さい。僕は、関東の千葉から香川県に仕事の為きましたが、引越しして、一年位してから会社から辞めてくれと言われました。もう、仕事は、くびになり今年の5月から小さい会社を自宅で、しています。
    清水 裕至より

  • 宮井典子 より:

    私の17歳になる娘は一歳の時に『てんかん』と診断され知能が遅れ 四年前には『結節性硬化症』と言う難病だとわかり今も半年に一度の脳波と半年に一度のMRIの検査をしながら病気と戦ってます
    勝ために生まれてきた子供達の本を読んで
    『ハンディをもつ人は障がい者というよりも人生に挑戦している勇者』
    と書かれてました
    山本ひろし様 くれぐれもお身体にはお気をつけ下さい
    そして暑い暑い夏にしましょう
    私も応援します