公明党 参議院議員 山本ひろし

公明党
No.157

本州最先端の海峡都市・下関へ/公明党時局講演会を盛大に開催(山口県下関市)




新山口駅より新幹線で新下関駅へ。下関市は本州最先端の海峡都市である。下関市の人口は301,097人。本日は時局講演会や語る会など先城県会議員の地元で桝谷衆議院議員が終日担当していただく。豊浦商工会館にて公明党時局講演会を開催。豊浦町・豊北町の方々が大勢参加。参議院選への決意を含め、挨拶をさせていただく。また菊川アブニールにて菊川町・豊田町の方々が参加しての時局講演会が盛大に開催。全員と握手も。菊川は小日本の民話が伝える田園風景がなだらかに続く、清流の里で心が安らぐ場所である。



また夕方には、長府豊城町にある知的障害者授産施設「大藤園」を訪問。運営母体の社会福祉法人「開成会」佐伯義雄理事長と懇談する。佐伯理事長は慶応大学の大先輩と聞き、びっくり。公明党の取組む障害者福祉に、大きな期待をかけられておられ、さらに庶民の目線で頑張って欲しい旨の激励を受ける。



コメント