公明党 参議院議員 山本ひろし

公明党
No.4159

しまなみ海道のサイクリングロード整備状況を視察(愛媛県今治市)


多々羅大橋


サイクリング大会


午前中、今治市のしまなみ海道のサイクリングロードを視察しました。公明党の愛媛県木村・中県議、今治市石井、渡部市議らが同行。


しまなみ海道サイクリングロード


しまなみ海道サイクリングロードは、日本で唯一、自転車で海で渡れるコースです。美しい海や島の風景を眺められるのはもちろん、新鮮な海の幸に舌鼓をうてるのもコースの醍醐味です。


公明党代表してあいさつ


愛媛県・今治市から愛媛マルゴト自転車道、サイクリング大会準備状況、しまなみ海道サイクリングロード整備状況の概要を伺い、意見交換。


しまなみサイクルオアシス「工房こりん」


その後、自転車の休息所である「しまなみサイクルオアシス」
「しまなみ工房こりん」を視察しました。


自転車ラック


案内サイン


簡易な自転車ラックの設置がされ、工房では陶芸体験や石窯ビザ体験など思い出に残る体験もできます。こうした休息所が2011年8月から20か所設置されています。今後さらに増やしていく予定だそうです。


サイクルスタンドにて


サイクルスタンド


また大三島のブルーライン。案内サイン。路面標示やサイクルスタンドなども視察。


ブルーライン


ブルーラインは、サイクリストをわかり易く誘導するため、車道左側に引いた青色の案内ラインです。

ブルーラインや標識等の整備費は国の防災安全交付金が活用されており、来年度予算も2.4億円検討されており、国への要望事項でもあります。

また、しまなみ海道のサイクリング利用料の無料化やサイクリング整備の促進、サイクリング大会の支援など今後の施策推進にしっかり取組んでまいりたいと思います。



コメント