公明党 参議院議員 山本ひろし

公明党
No.3867

「全国パーキンソン病友の会」全国請願集会で挨拶(東京)


挨拶


全国請願集会


挨拶2


「全国パーキンソン病友の会」全国請願集会に出席。

4月11日が世界パーキンソンデー。毎年この前後に請願活動を行っている。


中村理事長


全国請願集会2


中村代表理事から開会挨拶。

毎年私も参加しており、公明党難病対策PTの事務局長として党の難病対策をお話しする。
さらにiPS細胞により再生医療の道が開かれ、網膜疾患・パーキンソン病の難病の方々の臨床研究が進んでいる現状を報告。
国をあげて再生医療への取組みの推進や皆様の要望実現に頑張る事をお訴えする

3人の患者の方々から切実な訴えをお聞きする。

【下記請願事項】
「パーキンソン病患者・家族の視点に立った療育生活と質的向上を求める請願書」

1.パーキンソン病の発症原因解明と治療方法研究を推進し、根治治療法の早期確立

2.特定疾患治療研究事業において、医療費自己負担の軽減について、現行受給対象者を削減しないで

3.患者・家族等の治療・療育に関する施策は、当事者である患者・家族の声に耳を傾けて十分に反映を。


愛媛県林支部長


広島県支部後藤支部長ら


意見交換


終了後、全国パーキンソン病友の会愛媛県支部 林支部長や広島県後藤支部長らが其々請願署名簿を持たれ事務所に来訪。

懇談・意見交換を行う。上記要望も含め、難病対策に全力で取組んでまいりたい。



コメント