公明党 参議院議員 山本ひろし

公明党
No.2276

“新薬開発”後押し/山本(博)氏 遠位型ミオパチーの集会で/都内

 <これまでの活動記録>

集会であいさつする山本(博)氏=5日 都内
公明党の山本博司参院議員は5日、都内で開かれた筋肉疾患の一種である「遠位型ミオパチー」の患者会主催シンポジウムに出席し、あいさつした。

遠位型ミオパチーは手足の先から筋力低下が進行していく希少疾患。昨年11月に同病を対象とした治験がスタートした。

席上、山本氏は「新薬(承認)までに約10~20億円もの費用がかかるため、政治が取り組まないといけない課題だ。与党、野党の壁を越えて全力で取り組む」と力説。

その上で、難病を抱える人の就労や生活問題への支援に向け、難病対策基本法の必要性を訴えた。

 (2011年3月6日付 公明新聞より転載)



コメント