公明党 参議院議員 山本ひろし

公明党
No.2259

アスベスト疾患患者・家族の方々の救済を! (東京都)


アスベスト疾患患者・家族の方々


石綿救済法見直しで意見交換


「アスベストセンター・患者と家族の会」の方々が来訪。

中皮腫・じん肺・アスベストセンターは、アスベスト(石綿)の吸入から約40年たって発症する悪性胸膜中皮腫・肺癌・石綿肺などのご本人・ご家族の全国的相談窓口として発足した団体。

斎藤事務局次長と共に患者と家族の会 小菅千恵子さん達と意見交換。

2006年石綿救済法制定、08年の緊急改正の後、5年後の見直しが何もされおらず、様々な課題等指摘。改善を要望される。

1.環境省関係で法改正で対応したい課題
・法施行前死亡救済(特別遺族弔慰金)の請求期限の延長と対象範囲の拡大
・被害者本人に救済が行われた場合にも遺族に弔慰金を支給
・就学援護金(仮称)の新設
・健康管理制度・中皮腫登録制度の導入など

2.厚労省で緊急対応な課題
・2006年度死亡事例の請求期限問題の解決
・労災時効救済(特別遺族給付金)の請求期限の延長と対象範囲の拡大
・妻未請求死亡等の場合の特別遺族一時金不支給問題の解決など
・救済制度との連携(周知事業の義務づけ)など。

本日お聞きした要望項目について、今後研究し、改善へ推進することをお約束する。



コメント