公明党 参議院議員 山本ひろし

公明党
No.2258

離島振興へ!全力投球の公明党 (東京都)


遠山議員


高野会長


上村副会長(上島町長)


23日夕方から離島振興懇談会(主催:全国離島振興協議会)が開催された。

全国離島振興協議会(高野会長)は138市町村からなる離島住民唯一の組織。

高野会長(佐渡市長)・上村副会長(愛媛県上島町長)の挨拶の後、公明党を代表して遠山対策本部長と共に挨拶。

離島振興に全力で取組む決意をお話しする。



コメント

  • さくら より:

    痙攣性発声障害で検索していてこちらにたどり着きました。
    保険適用の要望を出して動いてくださる方がいることを知り大変嬉しくありがたく思いました。
    痙攣性発声障害の弟が今、3ヶ月に1度のペースで定期的に東京にポツリヌス菌の注射を受けに通っています。
    何もしないよりは一時的に状態が軽減されるからです。
    この病名がわかるまで2年、いろんな病院をたらいまわしされました。この病気を知らない医師も多く、最終的には、精神的な病と間違った判断と処方をされ、睡眠導入剤や精神疾患の薬を出され精神的にもおかしくなっていた時期がありました。
    ある日突然、詰まりのあるおかしなしゃべり方に変わったため、何かおかしな薬をしているのではないかなどと、疑心暗鬼の目でも見られたり、言われたり、抜け道のないくらいトンネルの中で死さえ考えながら過ごしていました。
    注射で一時的にでも状態が軽減されるのは、この病気を抱えている者にとって唯一の救いです。
    しかし、本人の負担が大きすぎます。
    3ヶ月に1度は交通費なども含め6万円以上。
    治らない病気、一生抱えていかなければいけない辛い病気
    なのにそれ以上金銭的な負担を抱えさせたくありません。
    国の認可を受け保険適用になることを心から望んでやみません。今後もよろしくお願いします。