公明党 参議院議員 山本ひろし

公明党
No.1458

素晴らしい「華麗なるオーストリア大宮殿展」(東京都)


真白き富士山


本日は妻と八王子の娘の所へ出向く。途中、高速道路から真白き富士山がくっきりと浮かぶ。昨日の寒い雨もやみ、晴天で素晴らしい風景である。


華麗なるオーストリア大宮殿展


展示前で妻と


午前中、東京冨士美術館で開催中の「ハプスブルク帝国の栄光ー華麗なるオーストリア大宮殿展」へ。早い時間にもかかわらず、大勢の方々が鑑賞されていた。

ヨーロッパのきやびらかな芸術・文化を築いたパプスブルグ家。今回の展覧会は『シェーンブルン宮殿』など各地の宮殿の文化遺産を統括・管理するオーストリア家具博物館が全面的に協力されただけに、素晴らしい内容である。

ガラスケースの中には、『オーストリア皇女マリー・ヴァレリーのティアラ』の美しい輝き。額の中には『ルビーのあるドレスで正装をした皇后エリザベート』。『シェーンブルン宮殿の駿馬の間』『マイセンの食器セット』『伊万里焼と銀で作られたウォーター・ディスぺンサー(給水器)』等など。多くの一流の芸術に触れ、グローバルな世界が堪能された充実のひと時となった。常設展の内容といい、一流の芸術が身近に鑑賞できる事は本当にありがたい。心豊かな気分となる。


クリスマスツリー前の妻と娘


午後から娘と一緒に食事。買物・散歩と娘の最高の笑顔が見れて嬉しい。「ふっくら亭」には手作りのパン・地元野菜に加え、一日限定10食の手打ちそばもメニューに加わり、繁盛されていた。美味しくいただく。


地場野菜


ふっくら亭


障がいのある方達や支えるスタッフの皆様が一生懸命工夫されながら、前進している姿は、ほのぼのとした温かな気持ちにさせてくれる。それに応えられる環境整備が政治に求められる。



コメント