公明党 参議院議員 山本ひろし

公明党
No.1249

臓器移植法が成立・佐藤総務大臣へ要望(東京都)


修正A案否決


参議院本会議で臓器移植法案の採決が行われた。残念ながら推進していたA案の修正案が否決され、最終的に原案のA案が賛成多数で可決された。


臓器移植法A案可決


参議院本会議臓器移植法の採決


私は修正案が否決されたため、移植を促進する意味でA案に賛成票を投ずる。12年ぶりに臓器移植法が大きく転換される事となる。この間、委員会などで参考人からの意見や臓器移植の現場である病院の視察など熟慮を重ねた結果、本日の結論となった。施行までの約1年。小児の脳死判定基準を含めて、課題はまだ山積している。今後ともしっかりと推進状況をみつめてまいりたい。


認定こども園地方裁量型連絡会の皆様と懇談


認定こども園地方裁量型連絡会の皆様(西岡会長)と佐藤総務大臣に要望を届ける。その前に、今回の要望と課題・今後の取り組みについて、9園の皆様と懇談。


佐藤総務大臣と懇談


佐藤総務大臣への要望


要望内容は『地域のおける認定こども園の整備を促進するために実施される「特別交付税措置」について、特に「地方裁量型認定こども園」への補助が確実に実施されるよう、各都道府県・市町村の財政・保育部門へ通達し、実施できるよう指導してほしい』内容である。

佐藤大臣から前向きな答弁があり、地域の実情を丁寧に聞いていただく。


厚労省からヒアリング(引きこもり支援)


内閣府からのヒアリング


厚生労働省から引きこもり支援策の現状と対応について内閣府から「こども・若者育成支援推進法」の中身についてヒアリングを実施。引きこもりの支援策について今後の参考にする。

夜は大勝利となった目黒の皆様に御礼と感謝を伝える。本当に真心からのご支援に頭が下がる思いであった。



コメント