公明党 参議院議員 山本ひろし

公明党
No.922

スポーツ庁創設を!国を挙げての環境整備を(東京都)


駒沢陸上競技場


駒沢オリンピック広場に咲く花々(駒沢陸上競技場背景に)


本日、近くにある駒沢オリンピック公園に寄る。隣接する駒沢陸上競技場では中学生の陸上大会が開催されていた。懸命に走る選手に各学校の応援のエールが飛び交う。スポーツは人々を健康にし、元気を与える。またアスリート達の競演の北京オリンピック・パラリンピックなどは感動と希望の祭典だった。

太田代表は10月8日、塩谷立文部科学省に対し「スポーツ庁」(仮称)設置をはじめとするスポーツ振興に関する申し入れを行った。
今回の要望は①スポーツ庁の設置ならびに担当省の設置②だれもが気軽に利用できる「総合型地域スポーツクラブ」の全中学校地域(約1万ヶ所)への設置である。

太田代表は「地域スポーツが盛んになっている。健全な青少年育成のためにスポーツに力を入れていく日本にすべきだ」と話す。

40歳以上の世代でも国民的な健康ブームを背景にスポーツに取組む人が増えているという。高齢者のスポーツも生活習慣病の早期予防や介護予防など様々な効果が期待される。こうした各世代のスポーツの振興はわが国を元気にし活力を与える。いつでも気軽にスポーツを楽しめる環境整備を進めるためにもスポーツ庁の設置を目指し、公明党は取組んでまいりたい。



コメント