公明党 参議院議員 山本ひろし

公明党
No.760

介護サービス事業の事務負担見直しへ前進(東京都)

午前中、国対役員会の後、政調全体会議が開催された。


骨太2008

「基本方針2008」の(骨太)素案について、内閣府はじめ各省から説明を受けた後、各議員より追加・修正等素案についての意見交換を進めた。


政調全体会議

「日本経済の課題と改革の視点・成長力の強化・低炭素社会の構築・国民本位の行財政改革・安心できる社会保障制度・平成21年度予算の考え方」の6章から構成されており、各内容について活発な議論を行なった。

午後からは都内にある、訪問介護在宅事業所を視察・意見交換をする。

厚生労働委員会で待遇改善の質問を行い、「介護従事者の待遇改善の法案」が今国会で成立した事など改善への進捗を報告する。前回訪問したさい指摘された「事務手続・書類作成に係る負担が大変で改善を」と要望された内容が、大きく見直しで進んでいる事をお伝えする。大変喜んで頂く。一番ご苦労されている現場の皆様の声が政策に反映される為にも、これからも現場第一主義で頑張りたい。

夕方からは外務省から「日朝実務者協議の概要について」説明を受ける。北朝鮮が従来の立場を変更して「再調査」を実施した事の事実関係や背景・今後について意見交換をする。


国会事務所から見た夕日


夕日がビルの狭間に落ちてゆく。国会参議院議員事務所の4階の窓ごしに太陽の光が飛び込んでくる。会期末の国会、後3日。



コメント