公明党 参議院議員 山本ひろし

公明党
No.634

参議院予算委員会で緊張の初質問(東京都)


パネルを使用し質問

9時から参議院予算委員会が開催され、公明党の木庭幹事長についで質問に立つ。
予算委員会の場所はあまり広くなく、質問席にすわるとすぐ福田総理の顔が近い。同じ参議院の公明党議員も大勢傍聴に来られてだんだん緊張感が増す。


パネルを使用し質問

中国・四国を廻った中で実感した、地域格差是正・地域活性化の視点を訴えた。質問時間7分以内。答弁も含め約16分の時間。

1.地方にとって必要な道路整備計画と見直しについて(冬柴国交大臣
2.障害者福祉の地域生活の移行の取組み(舛添厚労大臣
3.地方のブロードバンドの早急な整備(増田総務大臣
4.全体を通じた地域活性化策(福田総理大臣
の項目で質問をする。


福田総理

残り時間が気になったが、全ての項目について質問が出来た。まだ周りを見る余裕もなかったが、四国・中国の皆様の声を届け、福田総理や全国の方へ地域活性化のメッセージをとの思いが伝えられた。

これから1つ1つ勉強し、説得力と人間性を感じられる政治家に成長してまいりたい。


目黒区柿の木坂地域の方と

夜は昨日に続き、目黒の地域の会合に参加。テレビをご覧になった方も多く、喜んでいただく。またメールや応援の電話もいただき、只感謝。



コメント