公明党 参議院議員 山本ひろし

公明党

タグ ”医療” がつけられた記事

No.7006

「口腔ケア・スポーツ外傷」で意見交換(香川県高松市)

香川県高松市内にて はまだ歯科・矯正クリニックの浜田浩志院長と「口腔ケア・スポーツ外傷」について、意見交換。(3日) 「歯と口のケアは、むし歯や歯周病予防のためだけでなく、全身の健康を守るためにとても大切」という視点で様々なデータに基づき、伺いました。 口の中の細菌が作り出す「プロテアーゼ」という酵素が粘膜を破壊することで、さらにウイルスが侵入しやすくなり、様々な病気の原因になります。歯垢や歯石、……つづきを読む

No.6952

大泉学園複合施設「ねりま健育病院」酒向正春院長を訪問(東京都練馬区)

8日夕方、練馬区の大泉学園複合施設「ねりま健育会病院」を訪問。院長の酒向正春先生の案内で施設内を見学しました。 酒向先生とは同じ愛媛県南予出身で、2014年3月に世田谷記念病院の回復期リハビリテーションセンター長だった先生とお会いし 医療に頼らない「街づくり」がライフワーク・希望のリハビリ医・酒向正春先生と懇談(東京都) 公明党地域包括地域システム推進本部の部会で講演していただきました。 酒向正春……つづきを読む

No.6836

「介護医療情報連携ネットワークに取組む」河北総合病院を視察(医療等現場におけるICT利活用推進委員会)(東京都)

12日午後、公明党医療等現場におけるICT利活用推進委員会(輿水恵一委員長)として、都内杉並区の社会医療法人・河北医療財団・河北総合病院を視察。 公明党から輿水委員長・熊野、宮崎両参議院議員と共に参加。地元から横山えみ区議・中山やすひろ区議も同席。 河北博文理事長・清水利夫総合病院院長・森和男常務理事・田渕由美副部長(看護師)等から「東京都区部における医療・介護医療情報連携ネットワーク実装に向けた……つづきを読む

No.6481

「建設国保の育成・強化を求める要請書」(愛媛県建設労組)(東京都)

2日、愛媛県建設労働組合(AI―KEN)石川豊明執行委員長と山崎事務局長が国会事務所に来訪。「建設国保の育成・強化を求める要請書」を持参され、下記、意見交換しました。 AI-KENは、愛媛県内に住む建設業の一人親方や職人が中心となって運営している組合。 組合の歴史は古く、昭和23年5月に27人の組合員によって結成され、 以来63年間、多くの仲間の仕事とくらしを守り発展させる事業を展開。現在県下12……つづきを読む

No.6474

建設国保の育成・強化を求める要請書(香川県建設労組)(東京都)

30日、香川県建設労組中西執行委員長(全建総連副中央執行委員長)、堺書記長が国会事務所に来訪。 香川県建設労働組合(香川建労)は、建設労働者、職人の生命くらしを守ろうと昭和37年11月、104人の仲間の手で結成。いまでは香川県下全域で、6460人が加入しています。下記要請項目について説明を伺い、意見交換をいたしました。 全建総連と建設国保、建設業を取り巻く環境 全建総連(全国建設労働組合総連合)は……つづきを読む

No.6349

地域医療を担う津山中央病院「がん陽子線治療センター」視察(岡山県津山市)

岡山県津山市にある一般財団法人 津山中央病院「がん陽子線治療センター」を視察。(15日) 公明党から岡山県の高橋英士県議・荒島俊造県議、地元の津山市岡安あきのり・原ゆきのり・廣谷佳子市議が同行。 藤木茂篤総院長・八木伸明企画管理部長から「地域医療の拠点である津山中央病院の概要とがん陽子線治療センターの現状と今後について」説明を受け、意見交換しました。 本年4月中四国初にオープンした「がん陽子線治療……つづきを読む

No.6331

「離島・へき地医療の拠点病院」JA新潟厚生連村上総合病院を視察・課題要望を伺う(新潟県村上市)

粟島から新潟県村上市へ移動。公明党離島対策本部として、JA新潟厚生連村上総合病院を視察。(2日) 公明党から長沢広明副本部長(参議院議員:復興副大臣)・新妻秀規本部員(参議院議員)と私の3人の国会議員と地元ら板垣千代子村上市議が参加。 粟島浦村の本保村長らも同席されました。       林達彦病院長の病院内を案内いただき、粟島との遠隔医療の診療室を見学。その後、「村上・岩船地域の医療事情について」……つづきを読む

No.6319

新潟県粟島(あわしま)視察②医療・介護・保育の現場の課題・要望を伺う(新潟県粟島浦村)

公明党離島振興対策本部(遠山清彦本部長:衆院議員)として新潟県の離島粟島(あわしま)を訪問。本保建男村長・本保信勝議長らの案内で粟島島内を視察。 粟島の人口は353人。高齢化率45%。医療・介護・保育の現場へ。同じ敷地の建物に診療所、ディサービス、保育園がありました。 【医療】 村営の診療所へ。常駐医師は約80年島におらず、看護師のみの2名体制。しかし永年勤めた看護師が退職。募集をかけても応募もな……つづきを読む

No.6310

「てんかん診療拠点増やせ!」党PTで専門医が訴え(東京都)

公明党てんかん対策推進本部プロジェクトチーム(PT座長:山本ひろし参院議員)は26日、参議院議員会館で、日本てんかん学会の大澤眞木子理事長、日本医科大学武蔵小杉病院(てんかん診療拠点機関)脳外科神経外科講師・医長の太組一朗氏から、てんかん医療に関する講演を聞き、意見交換しました。 座長である私の挨拶の後、講演。 大澤理事長は病気への正しい理解による差別・偏見の解消や海外の薬が日本で使えるまでに時間……つづきを読む

No.6235

旭川荘南愛媛病院・南愛媛療育センター訪問(愛媛県北宇和郡鬼北町)

愛媛県北宇和郡鬼北町にある社会福祉法人 旭川荘南愛媛病院・南愛媛療育センターを訪問し、岡部健一院長・藤井顧問(元院長)や南愛媛療育センター堀内所長らと懇談・意見交換しました。(16日) 地域密着型医療サービスに取り組む南愛媛病院は重度心身障害児(者)約82名のきめ細やかなケアや八幡浜市・一本松地域の障がい者の在宅支援をいち早く取組まれています。2007年の初訪問以来、2008年、2011年と訪問し……つづきを読む