公明党 参議院議員 山本ひろし

公明党
No.4556

障がい者スポーツの推進へ!「障がい者スポ-ツ・パラリンピック推進議員連盟」(東京都)

写真


写真
障がい者スポーツ・パラリンピック推進議員連盟

障害者スポーツ推進議員連盟総会(中曽根弘文会長)が参議院議員会館で開催されました。(14日)総会では、「障害者スポーツ推進議員連盟」から名称を「障がい者スポ-ツ・パラリンピック推進議員連盟」に変更する事等規約の改正が行われました。


写真


写真
山脇日本障がい者スポーツ協会理事(日本パラリンピック副委員長兼任)/日本パラリンピアンズ協会 河合会長

「今後の障がい者スポーツ施策について」文科省から報告があり、公益財団法人 日本障がい者スポーツ協会 山脇理事、一般社団法人 日本パラリンピアンズ協会 河合会長・及川車いすバスケット日本代表ヘッドコーチらから状況と要望について伺いました。(下記内容の一部)

  1. 競技力の向上
    1. 国内競技力の強化
      • ナショナルトレセン等、高度なトレーニング環境の整備
    2. 障がい者スポーツの支援体制の実施
  2. スポーツの普及拡大
    1. 障がい者スポーツの振興体制の整備
    2. 障がい者スポーツの普及・振興
    3. 障がい者スポーツの国民の理解促進
  3. スポーツ施策の一元化
    1. スポーツ庁(省)創設等、健常者・障がい者のスポーツ行政の一元化
    2. 健常者・障がい者のスポーツ関係団体・競技団体の連携強化など等。

障がい者スポーツについて平成26年度予算額が約24億3千万円と大きく拡充されました。(平成25年度予算は、文科省予算9千万、厚労省予算約8億9千万円)
文部科学委員会等で障がい者スポーツ予算拡充を質問・訴えてきた内容です。

【新規事業の競技スポーツの支援予算】

【障がい者スポーツのすそ野を広げる支援予算】

競技スポーツの支援と障がい者スポーツのすそ野を広げる支援と両方大事です。省庁の縦割りを打破し、これからさらに支援を進めてまいります。

?



コメント