公明党 参議院議員 山本ひろし

公明党
No.4238

全国財務局長会議・景気判断「緩やかに回復」(東京都)


全国財務局長会議1


全国財務局長会議2


政務官として出席


午前中、全国財務局長会議に出席。全国財務局長会議は、3か月に1度開催しており、全国11の財務(支)局長等(沖縄 総合事務局長を含む)が集まって各地域の経済情勢などを財務大臣等に報告する 会議です。

各財務局長から管内経済情勢報告等があり、意見交換を行いました。(下記内容)

①平成25年4-6月期と比べた平成25年7-9月期の地域経済の動向
o7地域(北海道、関東、東海、近畿、中国、四国、沖縄)で上方修正、4地域(東北、北陸、九州、福岡)で据え置き。
o東海、沖縄は「回復している」、東北、関東は「回復しつつある」、北海道、北陸、近畿、福岡は「持ち直している」、中国、四国、九州は「持ち直しつつある」などとしています。

②地域経済における足下の動き
o輸出環境の改善(東北、東海、近畿、中国、四国、福岡)、企業の景況感の改善(北海道、関東、九州、沖縄)、消費者マインドの改善(北陸、福岡)、観光が好調(北海道、沖縄)などの明るい声が聞かれています。

?平成25年7-9月期の全局総括判断及び足下の動き
o「本年7-9月期においては、緩やかに回復しつつある。なお、足下では、企業の景況感や消費者マインドの改善が続いているとの声が多く聞かれるなど、緩やかな回復の動きが続いている。」など等。

「アベノミクス」による円安・株高などを受け、生産と輸出、消費が着実に伸びている事が全国11地域の報告からも実証されています。今後も経済政策など着実に進めてまいります。



コメント