公明党 参議院議員 山本ひろし

公明党
No.2623

「子ども育成支援委員会」で福島県児童養護施設を視察(福島県福島市)


青葉学園校庭


青葉学園


東京駅朝7時30分発 新幹線やまびこ号で福島へ。。

公明党「子どもの育成支援委員会(池坊委員長)」のメンバーと地元甚野福島県議と共に、福島の児童養護施設・小学校など訪問。


青葉学園にて(神戸園長たちと)


最初の視察地は、児童養護施設 青葉学園。神戸園長から現状と要望を伺う。

2歳から高校3年生までの58人が暮らし、7割が虐待を理由に入所との事。家庭的な温かなケアが必要。グループホーム2つ。

【要望】

1.心のケアに加え、放射線への対応など人が足りず、職員を加算してほしい。枠外・臨時対応としても検討を。

(発達障害など全国平均20%以上の実態をさらに超えている状況で、障害者加算のない状況も配慮して欲しい)

2.除染費用の対応が出来ていない。数千万円の予算がかかるが、補助は300万位しかでない。

3.グループホームも2つまで等規制が多く、児童養護施設の改善が求められる。

神戸園長は福島県内8つの児童養護施設などの「原発事故に関する緊急避難マニュアル」を作成中で、共通の備蓄庫や2次避難など県外の自治体の相互補助など様々な対策を検討している。


学園内を見学


園長の案内で施設内を見学。

どの場所にも花と絵が飾られており、きめ細やかな配慮を感ずる。
本日の視察での要望を委員会としても対応してまいりたい。



コメント

  • 北斗 裕二 より:

    お疲れ様です!
    私は堺市で生まれ、豊中市の私立高校を卒業しました。
    そのお陰で大阪府在住の恩師や同級生に、石川さんを支援して頂いています。
    今度の23日(日)は、初めて石川さんの街頭を見た後、堺市在住の同級生や元・上司を回る予定です。
    私も、「石川支援の拡大」頑張ります!