公明党 参議院議員 山本ひろし

公明党
No.2624

福島第4小学校で子ども達と共に給食・校長から要望も(福島県福島市)


福島市立第4小学校にて


福島県甚野県議と3人の市議


福島市立第4小学校を「子どもの育成支援委員会」で視察。甚野県議や福島市議(須貝昌弘、小野京子、ごとう善次議員)も同席。


丹野校長


校庭の除染


除染された校庭


丹野学校長から校庭の表土の除去・子供たちの心のケアなどの取組みを伺う。丹野校長は県の小学校校長会会長でもある。

【現状と課題・要望】

1.震災後児童数の激減
7月192名が9月現在177名。

2.震災のおける心のケア
①児童理解と支援(子どもだけでなく保護者支援も)
②丁寧な教育実践
・子どもの日常を大事にする
・子どもの豊かな育ちを大事にする(校内の栽培活動・体育館、特別教室活用)
・楽しい時間を意図的に作る
・屋内プール
・ロックバンドの支援の参加など。

3.校庭の土などの除染で対応は出来ているが、学校以外の除染がまだ遅れている。


子ども達との給食


本日の給食


子ども達がもつ線量計


6年生の教室で給食を食べながら、子ども達と懇談も。1クラス22名。
地震の時はテストの最中で、大きな揺れにびっくりしたそうだ。

将来の梅はピアニストやサッカー選手の通訳など皆しっかりとした夢をもち、けなげに頑張っていたのが心に残り、元気をもらう。

貴重な経験をさせていただき、感謝にたえない。



コメント