公明党 参議院議員 山本ひろし

公明党
No.2294

第3回公明党「東北地方太平洋沖地震対策本部」(東京都)


山口代表


災害対策本部


大地震発生から4日目。


黙とう


公明党国会議員が一同に参加


13時より山口代表中心に公明党の「東北地方太平洋沖地震対策本部」第3回会合が開催された。最初に亡くなられた方々へ、ご冥福を祈り、黙祷。

政府から被災状況・福島原発・計画停電など説明があり、意見交換。

・計画停電などの発表の仕方等、市民生活に影響を与える部分、予見可能性をもって対応する事。(特にいのちのいかかる医療、鉄道など。)
・節電に対応を。率先垂範で節電をして呼びかけを。
・多くの皆様のご要望については、党対策本部を通じ、官邸に届けていく。
・明確なわかり易い説明で、徹底した情報公開(福島原発等)
・平成23年度予算から不要不急部分削り補正財源に
・被災地へのきめ細やかなサポートの必要(国民の目線で何が必要なのか)
 
・行政機能そのものが失われている地域の対策
・仮設住宅など先の見通しをもった対応
・党として募金口座開設(下記)

*公明党は、東北地方太平洋沖地震による被災地支援のための義援金口座を開設した。振込口座等の詳細は、以下のリンク。
http://bit.ly/eqLcjc

救命活動・被災者の支援活動などまだ多くの課題がある。未曾有の大災害に全力で対応してまいりたい。



コメント