公明党 参議院議員 山本ひろし

公明党
No.2001

「社会保障トータルビジョン検討会」で中間報告(東京都)


都築県議・広瀬県議


香川県都築県議・広瀬県議が来訪。障がい者年金などの市民相談について、厚労省からヒアリング。


大城市長


また故郷、愛媛県八幡浜市の大城市長も来訪。八幡浜港バリアフリー対応旅客施設の拡充など伺う。

四国の西の玄関口である八幡浜港は、臼杵・別府航路が就航し、年間40万人の乗降客が利用。昭和48年建設の建物は老朽化して、高齢者・身体障がい者などの利用に配慮した構造でない。

安全で機能的なフェリーターミナル整備へ、取り組む状況を聞き、課題など伺う。対応を進めてまいりたい。

公明党肝炎対策PTが開かれ、全国B型肝炎訴訟原告団(谷口三枝子代表)の皆様からの要望など伺い、意見交換を進めた。

「財源論でない。キャリアにもきちんとした賠償を」など国の「命の線引き」「患者切り捨て」に批判が。B型肝炎訴訟 国は被害救済に一層の努力が求められる。


社会保障トータルビジョン検討会


夕方「社会保障トータルビジョン検討会」が開かれ、5つの分野の中間報告を実施。担当分野の「障がい者」「貧困と格差」について説明・意見交換を進める。


委員会質問通告


明日、厚生労働委員会での50分の質問。事前レクも含め、遅くまで準備を進める。



コメント