公明党 参議院議員 山本ひろし

公明党
No.1306

「坂の上の雲」松山をまわり、党再建のスタート (愛媛県松山市・砥部町)


松山市内の風景


市内で懇談


早朝、香川から愛媛に移動。午前中から松山市内を中心にあいさつ回り。御礼と共に今後の政局や公明党再建の意見・要望など様々な事について伺う。

公明党に対しては、「福祉・教育をさらに力を入れてほしい。公明党らしさをもっと全面に出すべき。民主党政権については掲げた政策が地方の痛みや国民目線から離れていれば、追求と指摘を進めてほしい。」等などご指摘をうける。公明党が強靭な党として再興できるよう謙虚にお聞きし、取組んでまいりたい。


生家(秋山家)


秋山兄弟生誕地(記念碑)


訪問先の近くに秋山兄弟生誕地があった。「坂の上の雲」で有名な秋山兄弟。


兄 秋山好古像


日本の夜明け”明治”という時代に立ち向かった同じ四国・松山出身の秋山真之・好古兄弟と正岡子規たちの青春群像を渾身(こんしん)の力で書き上げた壮大な物語「坂の上の雲」。私の大好きな愛読書でもある。

発行部数は2,000万部を超え、多くの日本人の心を動かした司馬遼太郎の代表作でもある。本年11月からNHKスペシャルドラマとして3年間にわたって放映の予定でもある。

今の時代は明治時代のような社会構造の変化や価値観の分裂に直面した先の見えない時代と重なっている。だからこそ秋山兄弟達の生き様が現代の日本人に勇気と示唆を与えているのであろう。

夜は松山から香川高松に戻る。



コメント