公明党 参議院議員 山本ひろし

公明党
No.717

公明党「県代表懇談会」の開催・議員先頭で支援拡大へ!(東京都・香川県高松市)

国対役員会。議院運営委員会・議員総会と続き、本日の本会議では8本の閣法が成立した。


本会議公明党席


地上デジタル化対策PT


11時より地上デジタル化対策PTが開催され、総務省から2011年7月24日までの地上デジタル化への取組みについて説明があり、意見交換を進める。離島・山間地帯の対応などを聞く。


四国の県代表たち(県代表懇談会)


太田代表


北側幹事長


午後13時30分より公明党本部にて「県代表懇談会」が開催。開始前、四国の県代表の皆様と懇談。一番前に勢ぞろい。意気込みを感ずる。
進行は公明新聞啓蒙・沖縄県議選支援の話しの後、
・「長寿医療制度について」斉藤政調会長
・「現国政と今後の展開」 北側幹事長
・質疑 各県本部より自由発言
・代表挨拶  太田代表
の式次第で、懇談的に行なわれる。今後の支援拡大へ充電の懇談会となった。議員が先頭に立ち、戦うことを決意する。


車中からの風景


公明党本部から羽田空港へ向かう車中よりベイブリッジや高層ビルの立ち並ぶ風景が綺麗である。高松空港へ向かう。


讃岐三田会河野会長


皆で慶應の歌を唄う


若き血エール


夜は、高松市内ホテルにて讃岐三田会河野猛会長の慶應義塾評議員就任祝賀会があり、参列する。香川在住の慶應同窓の皆様70名以上が集われる。
多田野副会長・河野会長の挨拶があり、和やかに懇談が進む。多くの方より「今のねじれ政治打開へ公明党が存在感をもって頑張って欲しい。等等」お話しをいただく。期待も大きく使命を感ずる。
最後は慶應賛歌・丘の上・若き血など皆で歌を唄い、交流を深める。



コメント