公明党 参議院議員 山本ひろし

公明党
No.665

歳入欠陥対策が急務/徳島県知事ら冬柴国交相、増田総務相に要望/石田、山本(博)氏が同行

 <これまでの活動記録>

 公明党の石田祝稔衆院議員と
山本博司参院議員は4日、飯泉嘉門・徳島県知事らとともに国土交通省を訪れ、冬柴鉄三国交相(公明党)に対し、道路特定財源などの暫定税率の復元に関する申し入れを行った。

 要望内容は、2日に行われた徳島県内の自治体、経済団体の緊急代表者会議で採択されたもの。
 税制改正法案の早期成立のほか、同法案成立までの間に生じる歳入欠陥について、地方財政に悪影響を及ぼさないよう適切な地方財政対策を講じることなどが主な柱。冬柴国交相は、要望に対し、全力で取り組む考えを伝えた。

 一行は同日、総務省で増田寛也総務相にも要望を行った。

 (2008年4月5日付 公明新聞より転載)



コメント