公明党 参議院議員 山本ひろし

公明党
No.496

国民の目線で改革進める/浜四津代行「政策実現の党」の成果強調/愛媛でフォーラム

 <これまでの活動記録>

女性フォーラムで公明党の実績を訴える浜四津代表代行=1日 愛媛・松前町
 公明党の浜四津敏子代表代行は1日、愛媛県松前町で開かれた党県本部女性局(藤本公子局長=松山市議)主催の「女性フォーラムイン愛媛」に出席し、あいさつした。
 浜四津代表代行は、公明党が連立政権に参加して8年を経過したことに触れ、児童手当制度や奨学金制度の拡充、政治とカネの規制強化、アレルギー対策など、公明党がリードして実現した実績を紹介。その上で、「公明党は一貫して庶民のため、一人のために全力で取り組んできた政策実現政党である」と強調した。
 また、ねじれ国会において、公明党が与野党の“橋渡し役”として改正被災者生活再建支援法の成立に尽力した経緯や、高齢者医療費負担増の凍結など今国会の公明党の闘いを報告。「公明党は今や日本の政治の中で“柱”の存在となっている。これからも国民の目線で改革を実現していく」と力説した。
 これに先立ち石田祝稔衆院議員、山本博司参院議員があいさつしたほか、地域で公明党理解の輪を広げる女性党員から活動報告が行われた。

 (2007年12月2日付 公明新聞より転載)



コメント