公明党 参議院議員 山本ひろし

公明党
No.422

「知的障害児施設の今後のあり方について」・社会福祉法人「滝乃川学園」総合施設長に聞く/衆議院予算委員会始まる(東京都)




公明党障害者福祉委員会が午前中衆議院第1議員会館にて開催された。今回は障害者自立支援法「障害児についての問題点」について社会福祉法人「滝乃川学園」常務理事・米川覚総合施設長より説明がなされた。滝乃川学園は東京都国立市に所在する日本最古の知的障害児・者のための社会福祉施設で有名ある。創立者が石井亮一。今、映画上映中の「筆子・その愛」の主人公の石井筆子が2代目となる。現在の米川さんは10代目だそうだ。米川総合施設長より障害者自立支援法により、障害児の親、事業者が大変なご苦労をしている実態について具体的に話される。「成人の障害者は障害基礎年金があるので、経済的負担にはまだ耐えられるが、児童は契約という今の制度はなじめない。施設でしか対応できない家庭状況なので、措置にもどすべきである。」等々障害の子ども達の側に立った支援を訴えられる。大変共感を感ずる。



本日から衆議院で予算委員会が開催され、公明党から斉藤政調会長・上田・赤羽議員が登壇。国民の目線からの質問が続く。夕方には「拡大政治改革本部会議」が開催され、政治と金の問題の「政治資金規正法」について党内で議論する。清潔な党公明党としての立場を貫いて欲しい旨を話す。



コメント