公明党 参議院議員 山本ひろし

公明党
No.3790

障がい者雇用促進へ!10団体からヒアリング【障がい者福祉委員会】 (東京都)


事務局長として進行役


障がい者福祉委員会


高木委員長


障がい者福祉委員会(高木美智代委員長)が開催
「今後の障害者雇用の在り方について」10団体からヒアリング・意見交換を進めた。


全国中小企業団体中央会 瀬戸理事


日本商工会議所 高山副部長


経団連 川本常務理事


連合 杉山局長


【経営・労働側】

・日本経済団体連合会、日本商工会議所、全国中小企業団体中央会、日本労働組合総連合会(連合)


セルプ協 近藤会長


日本身体障害者団体連合会 森常務理事


JDDネット市川理事長


【障害者団体など】
・全国精神保健福祉会連合会(みんなねっと)、日本発達障害ネットワーク(JDDネット)、日本身体障害者団体連合会、全日本手をつなぐ育成会、日本自閉症協会、全国社会就労センター協議会(セルプ協)


全国精神保健福祉連合会 松澤理事


全日本手をつなぐ育成会 宮武事務局長


日本自閉症協会 山崎会長


各団体の意見表明


厚労省


【論点】
1.障害者権利条約の理念を踏まえ、事業主に差別禁止と合理的配慮の提供の義務付けを
2.障害者雇用促進制度における障害者の範囲の見直し
①精神障害者などを雇用義務の対象に
・発達障害、難病などの方々も将来の雇用義務の対象に検討を
3.地域の就労支援
①一般就労の定着支援の充実
②障害者就業・生活支援センターの拡充
③精神障害者、発達障害者などに対する就労支援と職場の環境改善など

今後さらに検討を深め、障害者の雇用促進に全力で取組む決意です。



コメント

  • 斎藤 晃久 より:

    その節はお忙しいなか、大変お世話になりました。
    『盆栽』を世界文化遺産に登録するにはハードルが余りにも高く驚かされました。日本盆栽協会の竹山理事長にもこの日の文化庁とのミーティング経緯は報告しております。連絡が遅れて申し訳ありません。
    そのあと、少し時間を置いて考え直しているところです。
    ただ「盆栽は世界に誇る固有の日本文化である」という思いは今も持ち続けており、ハードルがいかに高くとも世界文化遺産登録に向けて、一歩一歩やれることから取り組もうと、いや取り組むべきだという思いを強くしております。
    どうぞ今後ともご支援いただくようお願いいたします。