公明党 参議院議員 山本ひろし

公明党
No.3299

南海トラフ巨大地震対策!津波高34.4㍍の黒潮町へ①(高知県黒潮町)


土佐のかつおは旨い


南海トラフ巨大地震で、最大津波高34.4㍍と推計された黒潮町へ。


黒潮町


黒潮町(くろしおちょう)は、高知県西南部の町。2006年(平成18年)幡多郡の佐賀町と大方町が合併して誕生した。人口は1万1959人(2012年4月現在)国内有数のカツオ一本釣り漁の基地でも有名。


大西町長


黒岩県議、安岡四万十市議と共に視察。大西町長・松本情報防災課長の案内で4か所をまわる。


黒潮町藤縄 


黒潮町藤縄地域


①黒潮町藤縄

海から3.5㌔の地点まで津波の浸水が来る。写真の家。電信柱まで浸水に至る。町の人口の9割1万5百人が浸水するという凄まじさ。


黒潮町役場佐賀支所


②黒潮町役場佐賀支所

佐賀地域(旧佐賀町)の防災拠点の役場。津波浸水深14.5㍍。
3階建てを超え屋上まで浸水。

防災拠点確保のため、移転など高台へ検討をせざるを得ない。
一地方の町だけでは財政的に無理。国の全面支援が必須。



コメント