公明党 参議院議員 山本ひろし

公明党
No.2630

高木笠岡市長と離島振興などで意見交換(岡山県笠岡市)


笠岡駅


笠岡諸島


早朝品川駅から新幹線に乗り岡山県笠岡市へ。

笠岡市(かさおかし)は岡山県南西部の瀬戸内海沿岸の港町で、大小31の島々からなる笠岡諸島を含む井笠地方の中核都市である。人口約5万5千人。

笠岡湾開拓地と天然記念物カブトガニの生息地として有名で、生息地の保全などを通して保護に力を入れている。

地元小山市議と市内・新横島地内がけ地へ。
急傾斜地は露出した花崗岩に亀裂が生じ、落石の危険個所。


小山市議の行動で要望実現(落石防止ネットの設置)


市有がけ地に落石防止ネットの設置


大雨時など落石の危険性があり、地元でも強い要望を元に小山市議が市政を動かし、落石防止ネットが設置された。


住民の皆様と


近隣の住民の方々と懇談。落石防止ネット設置を大変喜ばれていた。


高木市長と


離島振興で意見交換


笠岡市役所にて高木市長を表敬訪問。全国離島振興協議会の理事をされておられ、内海の一部離島の大変な状況と改善の取組みを伺う。

横と縦のネットワークで政策を推進している公明党への強い期待のお話しをお聞きし、大変勇気づけられた。



コメント