公明党 参議院議員 山本ひろし

公明党
No.2170

同級生の校長から教育現場の声を伺う(香川県高松市・愛媛県松山市)


街頭演説


ことでん高松築港駅


ことでん高松築港駅前での街頭演説からスタート。第2次菅内閣改造に伴う課題・公明党の政策など通勤客・通行の方々にお訴えを進める。

高松市から約2時間かけて愛媛県松山市へ移動。


高浜港


地元松山市雲峰市議・大塚市議・藤本市議と市内を挨拶まわり。
地場企業からは景気・雇用の拡充など地方が元気になる政治を強く要望される。


教育現場訪問(雲峰市議と)


堀内校長と


教育現場の松山市立高浜小学校を訪問。堀内靖志校長と懇談。同校卒業の雲峰市議が同席。堀内校長とは同じ八幡浜高校の同級生。

1㍍85㎝の長身でバレー部で活躍した高校時代の面影は変わらず、高校時代や同級生の話題も懐かしい。

教育現場について、様々な課題・要望など伺う。

・教員の増員(子供たちへの充実した教育の為にも必要)
・子どもと向き合う時間確保のための事務作業の軽減(報告書など教員への負担が大きい)
・地震等の地域防災の在り方(耐震化は進んだが、防災マニュアルなどの体制整備)
・発達障がいの子供たち支援について(支援教育の教員研修などの充実)
・ICT活用でのわかり易い教育など等。

全て子供たちのためとの視点で情熱をもって話され、指摘してもらった内容について、今後改善に取り組んでまいりたい。

夜の高浜港からスーパージェットで広島宇品港へ。



コメント