公明党 参議院議員 山本ひろし

公明党
No.1359

観音寺市内挨拶まわり・語る会(香川県観音寺市)

朝7時過ぎに高松を出発。香川県 観音寺市へ。昨日に引き続き、党勢拡大のため、訪問対話を実施。

観音寺市は香川県の西端に位置し、西は瀬戸内海に面し、南は讃岐山脈を隔てて徳島県と接する。人口は63,379人(2009年9月1日)。


県営常盤団地地域


午前中は安藤ただあき議員が担当する各地域をまわり挨拶をさせていただく。
常盤地区の出作町・植田町・村黒町・流岡町を50件を超えるお宅を訪問。様々なお話を伺う。


稲刈りの風景


祭りが昨日終わり、稲刈りの真っ只中、秋の風情が感じられる。


豊田地域の農地(ブロッコリー)


午後からは石山ひでかず議員の地域を訪問。議員と共に豊田地域を訪問。稲刈りが終わった農地ではブロッコリー等の野菜が植えられていた。景気の活性化、農業政策、安心の医療・介護様々な点からのお話も伺う。


国政報告


石山ひでかず議員(観音寺市)


途中、国政報告会も兼ねた語る会を開催。自治会など地域の皆様に公明党の役割・政策、地方と国の連携など訴える。広瀬県会議員も同席。


語る会での質疑


質問会では
「今のマニフェスト実現のために一律中止や凍結等の民主党政権のやり方が続くと日本は不況になるのでは?高速道路無料の影響は?公共工事などの凍結は果たして地方経済に悪影響ではないか?、公明党の考える国のあり方は?自民党・民主党との距離と選挙協力は?」等など民主党政権への不安・疑問の質問が集中する。

福祉・平和・人権・環境・教育など公明党らしい政策の実現と現在の民主党政権に対して、一刻も早く国会を開くよう求め、様々な疑問・不安面について国会論戦の場で取組む事など訴える。また3000名を超える地方議員との連携で皆様の声を政策に反映していく事など訴える。

夜は議員懇談会・三豊市議選への出陣の集いに参加した後、高知県に移動する。



コメント