公明党 参議院議員 山本ひろし

公明党
No.1339

透析患者29万人の声を聞いて! 鳥取県腎友会の要望 (鳥取県倉吉市)


天神川


朝の企業の朝礼での挨拶からスタート。天神川を通りながら、本日も鳥取県倉吉市地域をまわる。

鳥取県腎友会西尾会長・横浜副会長等と懇談。銀杏県代表(県議)が同席する。西尾会長から下記3点の項目の要望書をいただく。

1.腎疾患総合対策の早期確立
・透析患者全国29万人が安心して透析が受けられる体制整備
2.障害者自立支援法の改正
・障がい者が1日も早く安心して生きられる法に改正を
3.新型インフルエンザの取組みの強化
・特にワクチン接種の費用負担(2回で約7000円)の補助(無料化)

今まで与党の障害者自立支援法見直しPTやインフルエンザ対策PTなど厚生労働委員会での活動・取組みを説明。特に新型インフルエンザ対策では公明党として8月末にワクチン接種の公的援助の緊急申入れを実施した事などお話しする。要望の内容を県・国の立場から取組む事を約束する。


応援演説


雨の中の支持者に感謝


午後、公明党候補と昭和町で街頭演説。雨の中、最後まで聞いていただき、「公明党頑張れ!」のエールをいただく。元気をもらう。


倉吉市農村地帯


鳥取空港


農村地帯や製造団地など倉吉市内をまわり、夕方の便で鳥取空港から東京に戻る。



コメント