公明党 参議院議員 山本ひろし

公明党
No.1229

全宅連・全宅保証合同総会・懇親会(東京都)

厚生労働委員会の前に理事会が開催された。

本日の委員会運営について、野党提出2法案(生活保護法・児童扶養手当法)について本日採決前提の審議との提案を受け、下記の理由で反対し、退席をする。

1.法案の部会での事前説明を受けていない。

2.なぜ本日採決なのか?母子家庭や父子家庭の方々の意見など聞く参考人質疑など必要でないか。会期はまだ一ヶ月あるのに本日採決を急ぐ理由は何か?

3.審議時間が1本2時間あまりで強行に採決をする事は理不尽で党利党略といわれても仕方ないのではないか?十分な審議を進めていく事が弱者の側に立つ事でないか?何が何でも本日強行に採決する事は都議選・衆議院選挙のパフォーマンスだと指摘する声のとおりではないか?等など。


共同記者会見


衛藤理事と


理事会では十分な回答もなく、委員長職権で採決前提の審議となったので、欠席をする。その後、衛藤自民党理事と共同記者会見し、経緯と実情を説明する。

午後は日本医師会とのヒアリング・政調全体会議が行われた。

夜は全国宅地建物取引業協会連合会(全宅連)・全国宅地建物取引業保証協会(全宅保証)合同の総会・懇親会に参加。


伊藤会長


太田代表


伊藤会長の挨拶。公明党からは太田代表から挨拶がある。


愛媛県宅建協会役員の皆さんと


馬喰田会長たちと


中国・四国の方々との交流を深める集いとなった。特に愛媛県の皆様と懇談。武井会長・馬喰田元会長たちと記念の写真を撮る。



コメント