公明党 参議院議員 山本ひろし

公明党
No.1225

「育児・介護休業法」の質問・抗議の記者会見・斉藤やすひろ青年フェスタ(東京都)

8時から衆院選重点マニフェスト作成本部。


日本病院会からのヒアリング


9時から医療制度委員会で団体ヒアリングを実施。日本医薬品卸業連合会から要望・意見を伺う。本日はさらに医療に関する各団体との懇談が行われ、午後には日本病院会から医療報酬や医療の現場の課題など詳しくお聞きする。


厚生労働委員会


質問


また本日は厚生労働委員会が開かれ、「育児・介護休業法について」審議が行われ、下記内容の項目について舛添大臣に質問。全会一致で可決された。

【質問内容】
1.白内障対策について
①多焦点眼内レンズの保険適用についてどのように取り組むつもりか。

2.育児・介護休業法について
①継続就業率が上がらない理由をどのように分析しているのか。
②本法案で男性の育児休業の取得促進策をどのように講じているのか。
③「育休切り」への対策をどのように行うつもりか。都道府県労働局の体制強化が必要ではないか。
④育児休業給付の給付水準の引き上げを検討すべきではないか。

3.子育て支援策について
①幼児教育の無償化について、大臣の見解を伺いたい。
②子育て支援策の拡充に向けた大臣の決意を伺いたい。


舛添大臣


育児介護休業法の質問


審議採決後、委員長が野党提出2法案(生活保護法・児童扶養手当法)について強行に趣旨説明が行われたので、抗議をして退席する。2法案は19日に一方的に付託され、まだ党として説明を受けていないのに、朝の理事懇談会で本日の趣旨説明。25日たった2時間あまりの審議・採決と唐突に提案。反対をしたが多数決で強行された。

衆議院におくっても成立する見込みのない法案を国民が注目する臓器移植法より先に審議時間約2時間という強引なやり方で通そうとするやり方は党利党略であり、都議選・衆議院選挙へのパフォーマンスと指摘されても、しかたのないやり方である。2法案だけで約580億近い財源が毎年必要な内容である。審議時間たった2時間で通す事に民主党はどう応えるのか。いつも与党提案の法律を徹底審議と言っているが、自分達の法案になるとたった2時間。悲しい事である。怒りをおぼえる。


自民党衛藤理事と記者会見


記者会見


自民党衛藤理事と上記内容で抗議の記者会見をする。


四国横断自動車道へのパーキングエリア(PA)設置要望


事務所に「四国横断自動車道へのパーキングエリア(PA)設置要望」で愛媛県土木部梅田技術監と西予市産業建設部藤中部長が来訪された。


青年の前で挨拶


「KOMEI YOUTH FESTA in MEGURO」



斉藤やすひろ


夜は「KOMEI YOUTH FESTA in MEGURO」と題した「斉藤やすひろ青年フォーラム」に参加。若い青年の前で挨拶をする。大勢の若者が斉藤やすひろに応援のエールをおくっていただき本当に感謝である。



コメント