公明党 参議院議員 山本ひろし

公明党
No.1036

肝炎患者救済へ!公明党として全力で支援/松山で慶早合同新年会(東京都・愛媛県松山市)


厚生労働部会


国対役員会の後、厚生労働部会では通常国会提出法案(国民年金法・戦没者特別弔慰金支給法)の審議が行われ、了解された。


肝炎患者の方々からの要望


また肝炎対策プロジェクトチームの会合も開かれた。肝炎患者支援について全国の肝炎患者の皆様の要望を受ける。


薬害肝炎全国原告団 代表 山口美智子氏と


薬害肝炎全国原告団 代表 山口美智子氏からこれまでの公明党への取組みへの御礼と共に今後350万人の肝炎患者支援へ肝炎対策基本法の制定を訴えられた。

全国B型肝炎訴訟原告団 櫻井則子代表や同九州支部 窪山副団長などB型肝炎でご苦労されている方々から現状の苦しい状況と要望について話される。余命後3年と宣告された方などが切々と訴えられる姿に、胸が詰る思いとなった。

要望としての5項目は下記内容。

1.すべての医療機関でウイルス検査の無料検診を
2.インターフェロン治療の医療費助成
3.肝疾患連携拠点病院と肝炎患者相談支援センターの体制
4.専門医の不足偏在で。治療手段の選択高齢化・難治患者への対策と治療法の選択
5.肝疾患患者支援体制の法制化


太田代表


公明党からは太田代表・坂口副代表などから肝炎患者の皆様の立場に立って与野党問わず、一刻も早く全力で取組む事を訴えられた。会が終了後も皆様と懇談。しっかりと取組む事をお約束する。


全国市長会の皆様からの要望


市長会の皆様と懇談・意見交換


また全国市長会「佐竹会長(秋田市長)高谷副会長(岡山市長)岡崎副会長(高知市長)」など代表の方々が「緊急雇用対策に関する決議」について公明党に要望・陳情に来られる。山口政調会長・谷口総務部会長・桝屋厚労部会長と共に要望をお聞きし、対応を約束する。


両校応援歌の合唱


カレッジソング早慶戦


夕方から愛媛に移動。夜、開催された「慶應・早稲田合同新年会」に参加する。慶應の同窓の先輩やライバル早稲田のOBの方々と親しく交流を深める。松山稲門会 森田浩司会長・松山三田会 安川通夫会長等の挨拶や「カレッジソング早慶戦」と題し、両校の応援歌・校歌などを大きな声で歌い、学生時代に戻ったような懐かしく楽しい集いとなった。「国会はどうなの?」「メールマガジン見てますよ。」「同窓・同郷として頑張れよ」等など温かい言葉をかけていただく。



コメント