公明党 参議院議員 山本ひろし

公明党
No.501

障害者自立支援法の抜本見直しの与党案がまとまる/「国民医療を守る決起大会」に参加(東京都)


与党障害者自立支援に関するPT

与党・障害者自立支援に関するPTが開催された。「障害者自立支援法の抜本的見直し」について今まで議論していた内容の最終案がまとまった。自・公連立政権協議の合意事項になっており、今まで公明党内でも見直しの作業を進めていたが、1.利用者負担のあり方 2.事業者の経営基盤強化 3.障害者の範囲 4.障害者区分認定の見直し 5.サービス体系のあり方 6.相談支援の充実 7.就労支援 8.所得保障のあり方の8項目について骨子が示された。障害者関係の皆様の声が反映された内容になっている。夕方の障害者福祉委員会で公明党として了解された。

国民医療を守る決起大会で唐澤会長と記念撮影

また日本医師会や日本歯科医師会など40の医療団体が加盟する国民医療推進協議会主催の「国民医療を守る決起大会」がホテル・ニューオータニで開催された。厚生労働に関する分野でもあり、参加する。与党の国会議員が大勢集う中、開会前に唐澤国民医療推進協議会会長(日本医師会会長)と石田衆議院議員達と記念の写真を撮る。夕方以降は明日の厚生労働委員会の質問の準備を進める。



コメント