公明党 参議院議員 山本ひろし

公明党
No.410

精神障害者支援・原爆被爆者の会の方との懇談/公明党東かがわ時局講演会で国政報告(愛媛県今治市・新居浜市・香川県東かがわ市)




愛媛県今治市にて精神障害者の福祉推進に従事されている皆様と意見交換をする。石井・越智今治市議も同席。社会福祉法人「で・ふ・か」の理事長で今治明徳短期大学の眞鍋誠子教授・同法人で精神障害者小規模授産施設クリエイト21の日浅寿美施設長・今治地域の精神保健福祉を考える会の真鍋年郎代表の方がた。3障害の中でも遅れている精神障害者の福祉の現状と課題・要望について伺う。一生懸命真摯に取組まれている姿に感銘する。報われる社会をつくる為にも弱者の目線で全力で議員活動する事をお誓いする。
また今治市原爆者の会中路会長と愛媛県原爆被爆者の会津村会長の自宅も訪問。懇談を進める。与党の原爆被爆者に関するプロジェクトチームの一員として活動しており、原爆症の基準見直しを含めて年内に解決する方向で進めている事をお話しする。



夜は香川県東かがわ市で公明党時局講演会に参加。地元楠田敬市議・飛谷よしえ市議より活動状況の報告と今後の取り組みについて決意あふれる発表があった。当選の御礼・国会での活動状況・自民党との連立政権協議内容等国政報告を行い、引き続きの公明党支援の御願いをする。最後に全員でシュプレヒコールを。勢いのある時局講演会であった。



コメント