公明党 参議院議員 山本ひろし

公明党
No.232

「こどもの日」に広島平和記念資料館・原爆ドーム見学/世界平和へ地道な行動を(広島県広島市・香川県高松市)




広島平和記念資料館の展示を見学する。何度来ても原爆の悲惨さ、亡くなれた方々の無念さ等様々な思いが交錯する。そして心から、核兵器廃絶への恒久平和の誓いを決意する。資料館から原爆慰霊碑・原爆ドームが展望でき、フラワーフェスティバルでの平和への折り鶴が白く美しい。原爆ドーム近くまで訪れる。間近から見えるドーム。そして夜のライトアップされた姿。



世界遺産の原爆ドーム。今日は「こどもの日」でもあり、大勢の家族連れで、子ども達も真剣に見学していた。平和の心を永久に忘れず、平和への行動を地道に続けていきたい。
また今日の新聞は「こどもの日」の記事が目につく。15歳未満の子どもの数は1738万人。前年より14万人減り26年連続減少との事。少子化が地方で加速している現実を見据え、公明党が推進する子育て支援策をさらに強化しなければいけない。

今回の広島での滞在で多くの方々と交流が出来、本当に感謝で一杯。廿日市市から広島に来られた永本さんご一家。雄一君はパソコンが大好きな中学3年生。本当に仲の良いご家族で記念の写真を思い出に。また広島駅では島根県江津市から来られた泉美さんご一家。息子さん夫妻と広島駅で合流されたとの事。「お体に気をつけて頑張ってくださいね。私達も頑張ります。」と明るく励ましを受ける。どの方との出会いも勇気と元気をいただく。



コメント